流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

牡蠣が主役!ベストセラー小説『みをつくし料理帖』のコラボスープが限定発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


ベストセラー小説『みをつくし料理帖』に着想を得たスープが誕生!

「みをつくしのスープ 牡蠣の潮煮(うしおに)みぞれ仕立て」が、一部店舗(※)を除く「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」全国69店舗全店にて発売される。

数量限定のコラボレーションスープ

スープストックトーキョーは「食べるスープ」をコンセプトにしたスープ専門店。

同店で今回発売される新商品「みをつくしのスープ 牡蠣の潮煮(うしおに)みぞれ仕立て」は、作家・髙田郁による累計発行部数400万部を超えるベストセラー時代小説『みをつくし料理帖』の劇場版映画公開を記念した、コラボレーションスープだ。

価値観に共感して生まれた一杯


スープストックトーキョーが大切にしている、“食べたものがその人を創り、心を尽くしてできた料理は人の生活を満たしていく。”という価値観は、『みをつくし料理帖』の源流にたしかに存在するという。

今回の新商品は、こうした想いへの共感のもと、原作者の髙田郁さん、劇場版映画監督・角川春樹さんの協力を得て、作中でも印象的な牡蠣を主役に、心を尽くして作り上げた一杯だ。

具沢山のみぞれ仕立てスープ


同商品は、牡蠣の旨味たっぷりの潮煮に、白菜、舞茸を加えて大根おろしを合わせた、具沢山のみぞれ仕立てスープ。柔らかな甘さの西京味噌と、香り高い黄柚子を使った柚子胡椒の辛味、しゃっきりとした水菜の食感が牡蠣のおいしさを一層ひきたてている。

大根をたっぷり使ったこのスープは、江戸料理「利休和え大根」を模してシナモンをほんの少し使っているのが特徴。シナモンを入れることで大根のくさみを消す、江戸時代の知恵を今に生かしている。

劇場版『みをつくし料理帖』と一緒に

「みをつくしのスープ 牡蠣の潮煮(うしおに)みぞれ仕立て」は、レギュラーカップ単品590円(税抜)。販売期間は10月5日(月)~23日(金)の予定だが、数量限定につき、なくなり次第販売終了となる。

10月16日(金)より公開の劇場版『みをつくし料理帖』とあわせて味わうことで、映画の世界観をより身近に感じられそうだ。

※おだし東京・家で食べるスープストックトーキョーは除く

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事