流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ENTAME

女性1000人の疑問に専門家が回答!『暮らしの感染対策バイブル』発売中

このエントリーをはてなブックマークに追加


新型コロナウイルスやインフルエンザなどの感染対策について、不安を抱える人も多いだろう。そんな声に専門家が答える書籍『今日からできる!暮らしの感染対策バイブル』が、主婦の友社から9月30日(水)より発売中だ。

女性1000人に調査したリアルな声

新型コロナウイルス感染に対する不安は、育児や仕事をしながら家庭を守る立場の女性にとっては特にストレスが大きいもの。

100年以上女性のライフスタイルをサポートしている主婦の友社は、全国の女性を対象に“日々感じている感染症への不安”についてのアンケートを実施。北海道から沖縄まで46都道府県に住む、14歳から78歳までの女性1000人の回答を得たという。

同書はそこから上がった165の問いかけを感染対策の専門家に直接質問し、Q&A形式で解説したものだ。

なぜ感染するかを正しく理解


同書では、大きな感染経路はふたつだと述べている。近くにいる人から飛んできたつばや、くしゃみのしぶきを口や鼻から吸い込む「飛沫感染」と、ウイルスが付着した手指から口や鼻へ感染する「接触感染」だ。

まずそこがわかれば、すべきことやしなくていいことがわかり、やみくもに人を避けたり、ひきこもったりしなくてよくなるのだそう。


基本の感染対策は、手洗い、マスク、換気というシンプルなこと。しかし、しょっちゅう手を洗ったり、いつでもどこでもマスクをしたりしなくても大丈夫だといい、効果的な「リセット手洗い」の方法や、マスクをはずしてもいいシーンを、理由とともに紹介。

ちまたにあふれる除菌グッズの見分け方や使い方も解説している。

GOTO政策の感染リスクについても解説

GOTO政策に東京が追加されたが、人が移動することが感染の理由ではないという。ただし、リスクの多い場面には感染対策の工夫をすることが大切だ。


感染対策に「絶対にダメ」なことは、実はあまりないという。感染しないよう上手に工夫すれば、楽しい食事や旅行は可能。その方法を、同書では紹介している。

『今日からできる!暮らしの感染対策バイブル』は1400円(税抜)。情報量は膨大にあるけれど、かえって不安をあおられることも。この機会に、専門家が提唱する正しい感染対策を身につけてみては。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事