流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

PONANT JAPAN

フランスが誇る ラグジュアリークルーズ会社 PONANTエクスプローラーシリーズの4隻目となる新造船『ル・デュモンデュビル号』2019年6月14日(金)就航

このエントリーをはてなブックマークに追加

ラグジュアリー エクスペディション クルーズの世界的リーダーであり、フランス唯一のクルーズ会社PONANT (ポナン/本社:フランス・マルセイユ) は、保有船としては9隻目、エクスプローラーシリーズとしては4隻目に当たる新造船「ル・デュモンデュビル号」が仏・マルセイユ時間の2019年6月14日(金)に、就航したことを発表いたします。

ノルウェーのスィヴィック港を出発し、べルゲンへ向けて「ル・デュモンデュビル号」の処女航海がスタートしました。お客様をお乗せした「ル・デュモンデュビル号」の初クルーズ は2019年8月頃を予定。素晴らしい音楽と食事、ワインのティスティングプログラムとともに、バルト海からフランス海岸、地中海へと向かいます。

「ル・デュモンデュビル号」は全92室のステートルームとスイートルームの全てにプライベートバルコニーが備えられています。滑らかで上品なデザイン演出、最先端のテクノロジー、環境へのリスペクトと革新的な技術が集約されたフランスを代表する新時代のシンボルです。この新船のデザインと造船、開発はPONANTとイタリアの造船会社FINCANTIERI、そしてノルウェーの子会社VARDとの協力で実現しました。

世界初となる多感覚海中ラウンジ「BlueEye」(ブルー・アイ)も、他のエクスプローラーシリーズと同様に備え付けられ、特徴的な鯨の目の形をした舷窓から海中の様子や海の野生生物を鑑賞していただけます。さりげなく水中を照らすライト、深海の音と音響を組み合わせた神秘的なハーモニーを奏でる船底に備え付けられたハイドロフォン、音を身体で感じられるソファーなど、多様な感覚を体験をできるユニークなスペースとなっております。

PONANT CEO ジャン エマニュエル ソウヴェエ コメント:
「約12ヶ月の間でPONANT新造船エクスプローラーシリーズの4隻目である「ル・デュモンデュビル号」が就航したというのは、歴史的に見ても驚くべきスピードだと思っています。我々が保有する船の拡大は、お客様により特別な航海と高品質のサービスをより多く提供することとなるでしょう。すでに多くのお客様からご予約をいただき大変嬉しく思っております。」

<会社概要>

会社名  :Ponant
本社所在地:408 Avenue du Prado, 13008 Marseille, FRANCE
創立   :1988年
公式HP  :www.ponant.com

<PONANT(ポナン)とは>
船乗りが始めたフランス唯一のクルーズ会社。3本マストで60名乗りの「ル・ポナン号」から始まり、2010年には世界で初めて極地をクルーズすることを前提に建造された「ル・ボレアル号」含む4隻の姉妹船を建造し、業界最大の南極送客数を誇ります。また、PONANTが保有するすべてのクルーズ船が、ディーゼルと電気、もしくはLNGと電気のハイブリッドエンジンを使用しており自然に優しく、環境への配慮を行っています。ラグジュアリー エクスペディション(探検・冒険)クルーズのグローバルリーダーとして、PONANTは北極から南極まで、魅力溢れるあらゆる地をご案内するとともに、我が家のようにくつろげるプライベートヨット感覚でカリブ海や地中海クルーズもお楽しみいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る