流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社KDS

ドタキャンやノーショーを根本的に解決し、店舗と顧客の絆を構築する「PAYCON」始動

このエントリーをはてなブックマークに追加

~予約から決済まで一括管理し、顧客とのトラブルを事前回避~

株式会社KDS(本社:神戸市中央区、CEO:宮本 亮)は国内及び海外からの予約に対して、
根本的なキャンセルトラブルを防止するPAYCONを10月1日より本格始動しました。

ドタキャンやノーショーといった社会問題を解決へと導くことで、
店舗と顧客のリレーションを再構築できる仕組みを国内の企業を中心にご提供してまいります。

ドタキャンやNo show が飲食業界全体に与えている損害は、年間で約 2,000 億円とも言われています。さらに、通常の予約のうち、1 日前、2 日前に生じるキャンセルも加えるとその発生率は6%強に達し、被害額は約 1.6 兆円(1年間) にも及ぶと推計されるといわれています。

そういったドタキャントラブル被害額が大きくなっており、
訴訟問題に発展している事例が多く存在し、店舗と顧客の関係性の悪化も増加しています。
海外では、カードの情報を活用する事が前提で予約するという流れが主流です。

予約時にカード番号を控えることや、(入店時に行うところもありました)電話での予約受付を一切行っていないお店またホテル同様キャンセル規約がしっかりと明記されている店舗なども多く見かけられます。

日本ではここまでするとお客様が離れてしまうのではと考えがちですが、
サービスの質を上げるための予約であり、ギブ&テイクがしっかりと成り立つための対策と受け止められています。

予約完了後やキャンセル料発生直前など真摯な対応をとっているレストランが多いようです。
国内の予約トラブルはキャンセルが発生し、 お店側が訴訟するなど、根本的な問題点の解決ができていません。
双方後味も悪く、トラブルがあっては評価に対しても決して良くはなりません。

この現象は、店舗と顧客が向き合えていません。

まず、店舗も顧客も向き合うことで、同価格でよりよい原材料へのグレードアップ、
サービスやおもてなし水準の向上、従業員給与への充当など、お互いより良い方向へ導けるのではないでしょうか。
PAYCONはそのような本質的は問題解決を目指しています。

この度、幕張メッセで開催されるJapan IT Week【秋】に初出展する運びとなりました。
ご来場の際はぜひ弊社ブースにお立ち寄りください。

弊社ブースのご案内
イベント名:  第10回 Japan IT Week【秋】 https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp.html
会期:    2019年10月23日(水)~25日(金)
時間:    10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
会場:    幕張メッセ
主催:   リード エグジビション ジャパン株式会社
内容:
・デモ画面紹介
・限定<6ヶ月最低利用料無料キャンペーン>
入場料:    下記招待券申し込みで無料
https://www.japan-it-autumn.jp/ja-jp/visit.html

株式会社KDSについて

神戸市中央区多聞通1丁目3-19CROSS神戸駅前ビル2F
創設者:宮本 亮
1986年神戸生まれ。
WEBに携わるビジネスを学生時代より始動し、2010年に起業。
WEB制作、マーケティングやシステム開発をメインにビジネス展開。
台湾やベトナムにも展開し、様々なシステムやWEBサイトに携わっている。

PAYCON HP
https://paycon.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る