流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

relye株式会社

オンラインゲイバー「Neenee」、2020年2月22日(ネェネェの日)にbeta版サービス開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

3~40代の女性をメインターゲットとして、通話機能(240円~/分)やチャット機能(500円~/回)を実装し、市場規模1兆円の占い市場やオンラインカウンセリング市場へ挑戦

relye株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役CEO:村西俊哉)は、2020年2月22日(土)より、オンラインゲイバー「Neenee」beta版のサービス提供を開始します。

■Neeneeとは

「Neenee」は、ゲイの方々とお話ができるオンラインゲイバーです。新宿二丁目などのゲイタウンに行けなくても、「Neeneer」と言われるゲイの方々といつでも気軽に1対1で通話が可能です。ユーザーは、誰かに話を聞いてもらいたい時や、友達や家族に話せないことがある時などに、様々なタイプの聞き手の中から話し相手を選び、通話機能やチャット機能を通じて話ができます。
開発にあたっては、「誰もが気軽に頼り合える居場所をつくる」というビジョンのもと、ゲイの方々との対話を通じてより良い人生を生きるヒントを探す女性のニーズが増えていることに注目しました。新宿二丁目に1年間通い、実際に沢山のゲイの方々にご協力頂き、当事者としてのご意見を頂きながら一緒に開発しました。

将来的には、ジャンルを超えた「相談のプラットフォーム」になることを目指しております。

【サイトURL】
https://neenee.jp

■Neeneeの特徴

恋愛、仕事、人間関係から、ファッションやメイクの話まで。あなたの話に共感して肯定してくれたり、時には愛のムチとも言えるような率直な意見をくれたりします。
話し相手がいない時や、人に言いづらい話も、ここにくればいつでもあなたの話に耳を傾け、気持ちに寄り添ってもらえます。
お話ししたい時に、IP電話を介してお互いの番号を知られずに通話できるので、安心して利用できます。

■使い方

ユーザー様
STEP1 聞き手(Neeneer)を選択
登録されている聞き手(Neeneer)の中から、話をしたい聞き手を選択します。
選択にあたり、Neeneerが執筆した自己紹介文や他ユーザーによるレビュー、対応タイプ、興味タグ、回答サンプルなどを参考にできます。Neeneerの対応タイプは6種類(共感型・アドバイス型、傾聴型、聞き上手型・褒め上手型・お叱り型、盛上げ型、など)あり、約30種類(失恋、人間関係、既読無視、家族、など)ある興味タグから自分にマッチした聞き手を選べます。

STEP2 ユーザー登録
LINEのアカウントを利用して、LINEログインで簡単にご登録頂けます。マイページで自分のニックネームと電話番号を入力したら登録完了です。

STEP3 クレジットカード登録
利用料をお支払いいただくクレジットカードをご登録頂きます。Stripeという外部の決済サービスを通じて実行されるので、安心してご使用頂けます。

STEP4 話す
(通話)
オンライン中のNeeneerや、チャットで日程調整をしたNeeneerの「通話」ボタンから通話をリクエストしましょう。Neeneerのプロフィールページから「通話」ボタンを押すと通話リクエストが完了します。LINEのアカウントでリクエスト受付完了が通知されます。
Neeneerが通話可能な場合、10分以内にマイページで登録した電話番号に電話がかかってきます。
※サービス内でIP電話を使用するので、お互いに電話番号が相手に知られることはありません。

(質問箱)
Neeneerのプロフィールページで「質問はありますか?」ボタンを選択しましょう。
質問箱の内容記入欄に、自分が質問してみたいことを1,000文字以内で記入します。質問内容に関連するカテゴリを選択し、「送信」ボタンを選択しましょう。48時間以内にNeeneerから返事がきます。受け取った返事は、ユーザーの任意で他のユーザーにも公開されます。
※48時間以内にNeeneerから返事がない場合は、自動的にキャンセルされます。

STEP5 チップを送る(任意)
通話終了後、満足度に合わせて聞き手となったNeeneerに任意で感謝のチップを贈りましょう。

STEP6 レビューする
最後に、話をしてくれたNeeneerをレビューしましょう。

聞き手様
サービス紹介ページに聞き手専用の登録申請ページを用意し、お申込みのあった皆様全員と必ず面談をして、最終的にNeeneerになっていただく方を厳選させて頂いております。

■登録済みのNeeneerからのコメント
新宿二丁目ゲイバー「BAR このブタ野郎」勤務 Ryu様

新宿二丁目のゲイバーで勤務する中で、お客様の8割が女性客であったり、仕事を通して恋愛や人間関係の相談をされたりする事が多く、このサービスのコンセプトに共感して、興味を抱いたのでNeeneerとして登録させて頂きました。ゲイは女性を性的に見ていないので、女性の気持ちに寄り添うことができるのではないかと個人的に感じています。ゲイであることで時にはネガティブな思いをすることもありましたが、このサービスはむしろそんな「性差」を活かして、人の役に立つことができ、自分自身を認めることに繋がるのではないかとも期待しております。特に、地方には新宿二丁目と違い女性が入店可能なお店が少ないので、地方に住んでいる方々にニーズがありそうだと感じます。また、ゲイ自身も、地方だとカミングアウトしていない人が多いので、オンラインであれば気軽に自分のセクシュアリティを活かす事ができる可能性がありそうです。是非、女性だけではなく、色々な方とお話ししてみたいので、このサービスの発展に期待しています。

■サービス概要
・オンライン通話利用料:240円~/分
・質問箱利用料:500円~/回
・チャット:無料

■ビジネスモデル
・手数料モデル(プラットフォーム使用料を差し引いた金額をNeeneerに還元)
・通話料金、チャット料金

■relye株式会社 代表取締役CEO 村西俊哉からご挨拶

Neeneeは、「悩みと共存できる社会を作りたい」という想いから生まれたサービスです。
私自身、幼少期から家庭環境で悩んできた原体験を持ち、大人になってからも仕事の人間関係や恋愛でよく悩む人間でした。そんな中で、街中で様々な人に声をかけて「悩んだら誰に話を聞いてもらいたいか?」と聞いたところ、200人以上の特に女性から「ゲイの方と話してみたい」という声がありました。実際に、 1年以上新宿二丁目に通う中で、どんな話も否定ぜずに聞いていただける姿勢に感動したり、時には胸をえぐられる正直な意見を頂いたりしながら、ゲイバーで働く方々のコミュニケーション能力や興味深い視点に気付かされました。そこで、新宿二丁目の沢山のゲイの方々にもご参加頂き、アドバイスをいただきながら一緒にサービスを開発していきました。将来的には、様々なジャンルを超えた「相談のプラットフォーム」になることを目指しています。

村西俊哉
慶應義塾大学大学院卒業後、LINE株式会社にて航空/物流業界等のインフラ領域を担当。その後、TikTok日本法人マーケティング部門に所属。2019年、relye株式会社を創業。2020年2月より「Neenee」を運営。CEOとしてオンラインカウンセリング領域を推進。

■会社概要
会社名:relye株式会社
代表取締役CEO:村西俊哉
本社所在地:〒160-0003 東京都新宿区四谷本塩町4-15 新井ビル1階
設立日:2019年11月27日
企業HP:http://relye.jp
サービスURL:https://neenee.jp
取引先銀行:三井住友銀行 麹町支店

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る