流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社 大丸松坂屋百貨店

わたしもパティシエになりたい!KDI青葉台でプロがケーキ作りを実演

このエントリーをはてなブックマークに追加

<イベントレポート>
J.フロントリテイリンググループのバイリンガル幼児園「Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International 青葉台(KDI青葉台)」は、2月17日(月)、プロのパティシエを招いてケーキのデコレーションを体験するイベントを開催しました。この企画は、百貨店の人気洋菓子ブランド「アンテノール」「ヴィタメール」などを展開する(株)エーデルワイス様のご協力で実現したもの。パティシエは子どもたちがなりたいあこがれの職業ナンバーワン。園児たちは、目を輝かせてプロの鮮やかな手つきを見つめ、歓声を上げていました。

パティシエになるにはどうすればいいのですか?
第1部は全園児(約130名)が参加しました。前半はパティシエの仕事のお話と質問コーナー。(株)エーデルワイス・執行役員マーケティング本部長・地引浩司さんがやさしくパティシエについて説明したあと、「パティシエになりたい人?」と聞くとかわいらしい手が一斉に上がりました。質問コーナーでは「一番売れているケーキはなんですか?」「パティシエにはどうすればなれますか?」「失敗したケーキはどうしますか?」と次々に飛び出しました。
後半は、パティシエがケーキのデコレーションするのを間近で見学。生クリームを使って、美しい花びらのような飾りを鮮やかに作り上げるのを、ワクワクしながら見つめていました。

自分だけのケーキをデコレーション!
第2部は、年長園児(16名)がカップケーキのデコレーションに挑戦しました。
ホイップクリームの絞り方を教わり、いちご、花びらの形や丸い粒のチョコレート、メレンゲ、おひなさまのかざりなどを使って思い思いに盛り付けました。
気分も大盛り上がり。いちごの好きな子、チョコレートが好きな子、大胆に盛りつける子、きれいに飾る子、それぞれにアーティストぶりを発揮していました。

子どもたちに指導した地引さんは、
「幼児園でケーキづくりを披露するのは初めてでしたが、おかしの楽しさを感じていただけたら。パティシエのしごとにもあこがれを持ち続けて欲しい」と語り、
KDI青葉台園の尾藤拓史園長は、
「ケーキをつくる人の仕事にふれることができた。『ケーキってこう作るんだよ』と家でも会話が弾めば。
職業体験に力を入れているが、今後も百貨店グループならではの企画を続けたい」と手ごたえと今後の思いを話しました。

<ご参考>
■Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International 青葉台について
Daimaru Matsuzakaya Kids Duo International 青葉台は、J.フロントリテイリンググループが手がける本格的なバイリンガル幼児園で、2019年に開園いたしました。同園は、バイリンガル(英語・日本語)教育、知能教育、運動指導、職業体験をカリキュラムの柱としています。園の運営については、やる気スイッチグループと提携しています。
・所在地/神奈川県横浜市青葉区榎が丘4−11
・施設面積/1,450.04平方メートル
・対象年齢/年少々~年長(2歳児~5歳児)
・クラス数/4学年×3クラス 合計12クラス 定員342人
・開園時間/月~金(土日祝休)、
・基本開園時間/9:00~17:00(前延長:7:30~9:00、後延長17:00~20:00)
JFRこどもみらいサイト https://jfr-kodomomirai.jp/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る