トレンドニュースサイト STRAIGHT PRESS【 ストレートプレス 】

然企画

豊富な柿タンニンをお手軽に!自然栽培の甲州百匁柿で作った柿蜜やドライフルーツをお手頃セットでご提供

このエントリーをはてなブックマークに追加

紅露(くろ)柿ドライフルーツ・柿蜜3種類・柿の葉茶のセットをお手軽価格で

然企画(本社:山梨県、代表:荻原哲也)は、自然栽培で作られた甲州百匁(ひゃくもんめ)柿を使った無添加のドライフルーツ「紅露柿」(くろかき)、生柿の果汁だけを煮詰めて作った柿蜜「熟練(じゅくねり)柿蜜」と「天柿(てんし)のわけまえ」、干し柿蜜「紅露蜜」の3種類と、柿の葉を粉末にした「甲州百匁の柿の葉茶」の5点をセットにした「柿まるごとお試しセット」の予約販売の受付を2021年1月25日(月曜日)より開始いたします。農薬・除草剤・化学肥料不使用で栽培された山梨特産の百匁柿のおいしさを、様々な形で楽しめるお得なセットです。

■自然が育む「紅露柿」とは

然企画では、枯露柿の主産地である松里地区伝統の渋柿「甲州百匁柿」を、農薬・除草剤・肥料の力を一切借りず、柿の木と作り手と動物たち(ヤギ5頭、ポニ−1頭)との協働で生産し、それを『紅露柿』(くろかき)と名付けました。

紅露柿は、原料柿の生産から商品の製造まで、「循環」をテーマにしています。例えば、農薬の代わりに年間10回以上「食酢」を撒いて防除を行い、冬には病気の原因となる落ち葉を掃き集め、焚いて灰にして畑に還します。また草生栽培を行い、草は動物たちの飼料に、動物たちからのボロ(糞)は肥料として土に還ります。

足掛け12年に渡る営みにより、現在では様々な虫や鳥などが行き交う「生き物の気配溢れる畑」となっています。まさにそれが「紅露柿」の源泉なのです。

■「紅露柿」生産のこだわり

紅露柿の作り方は、人の都合ではなく柿の顔(状態)を見て作業を行うことが基本です。11月半ば頃に、しっかり熟れた柿の実を収穫し皮をむきます。柿の表面の殺菌工程では硫黄くん蒸(添加物処理)は行わず、かまどで沸かした湯にくぐらせ、天日と風通しでゆっくり仕上げます。出来上がった干し柿は、表面に「柿霜(しそう)」と呼ばれる果糖をまとい、柿本来の甘み(甘露)と風味をしっかり残しつつ、果肉は深い紅色となります。まさに紅露(くろ)柿の名前の所以がそこにあります。余談ですが、柿のむき皮は、ペーストに加工してパンの生地に練り込み、カットした紅露柿と合わせて「KUROKAKIパン」に姿を変えます。これも然企画こだわりの『循環』です。

■「柿まるごとお試しセット」を作った理由

地元特産の枯露柿は、その多くがお歳暮などに珍重されるため、毎年秋から年末までJAに出荷されます。

ただし近年では温暖化の影響があり、年末までに本来必要な寒さが到来しにくくなりました。そのため、ここ数年は常にカビの発生などのリスクを抱えての生産が続いています。

弊社では、あえてお歳暮時期には合わせず、しっかり干し上がる寒さを待ち、カビのリスクが低減させた上で、一つ一つの作業の手間を惜しまず仕上げることを心掛けています。出来上がった柿は良質な味を持ち、大きさが目を引く『プレミアムドライフルーツ』として加工します。

そして、一年を通してお客様に楽しんでいただきたいという思いで、青山ファーマーズマーケットに出店を重ねてきました。マルシェの出店では、試食をしていただいた多くのお客様から「干し柿のイメージが大きく変わった」と言われたこと、また柿蜜・柿の葉茶など「柿の食材としての魅力や可能性」を大いにアピール出来たことが印象に残っています。しかし、今も続く新型コロナウィルスの感染拡大によってマルシェ自体が開催されなくなり、試食していただく機会が無くなってしまいました。

そんな中、様々な効果を持つ「柿タンニン」への注目度が高まっています。その機を捉え、一人でも多くのお客様に「紅露柿をはじめ、柿タンニンを豊富に含む品々をご賞味いただき、柿の持つ可能性を大いに感じていただけたら」との思いから、「柿まるごとお手軽セット」としてお手頃価格でご用意させていただきました。

■「柿まるごとお試しセット」の内容と価格

本品は、無添加のドライフルーツ「紅露柿」、生柿の果汁だけを煮詰めて作った柿蜜「熟練(じゅくねり)柿蜜」と「天柿(てんし)のわけまえ」、干し柿蜜「紅露蜜」の3種類と、柿の葉を粉末にした「甲州百匁の柿の葉茶」の5点がセットになっております。

【柿 蜜(かきみつ)】

自家農園産農薬不使用の柿の果汁を煮詰めてつくる濃縮エキスです。蜂に運んでもらう蜜ではありませんが、その味、形もまるで蜜そのもの。なので、柿蜜と呼んでいます。イチオシは今、注目の成分「柿タンニン」をとても美味しくしかもお手軽に取っていただけます。そのままでスプーンで毎日“ひと舐め”が一番のオススメです。
各種類とも内容量は20g

1. 「天柿のわけまえ」

霜月、渋を含みつつも糖度が増した生の百匁柿、その果汁を絞りゆっくり煮詰めました。その名前は、「エンジェルズシェア・天使のわけまえ」。ある高名なウィスキーのブレンダーから干し柿とウィスキーの相性を教えられたことに由来します。後味に微かに残る渋みと心地よい酸味がやみつきになります。

栄養素では、高血圧の降圧作用があるカリウムが、成人女子の1日の摂取目安2,000mgの半分量1,070mg(100gあたり)、他にタンニン、食物繊維もバランスよく含みます。

オススメの使い方は、あえて紅茶と合わせるフレーバーティーではなく、コーヒーの甘みとして。柿とコーヒー“実物(みもの)同士”の相性は抜群です。お砂糖の代わりに是非お試しください。もちろんバターたっぷりの焼きたてトーストにかけても絶品です。

2. 「熟練(じゅくねり)柿蜜」

師走になり、真っ赤に熟れた百匁柿を優しく手もぎして、その果汁だけを絞り、煮詰めて出来たとても貴重な濃縮エキスです。柿の繊維分までしっかり溶け出し、口に含んだ時の香りと最も柿らしい濃厚な甘み、なめらかな舌触りがこの蜜の特徴です。

栄養素では、他の蜜同様にカリウム、タンニン、食物繊維をバランスよく含みます。

オススメの食べ方は、ドレッシングの甘みとして。蜜の粘度が強いので油との相性も良く、例えば同量のオリーブ油、ワインビネガーと合わせて。見た目もとても鮮やかな柿色に仕上がり、食欲をさらにそそること請け合いです。

3. 「紅露蜜」

一度干し上げた紅露柿に少量の水を加えて戻し(膨潤させ)、果汁を絞って煮詰めたとても贅沢な蜜です。例えるならまさにバルサミコを彷彿とさせる味わい。他にはお目にかかれません。

栄養素では、高血圧の降圧作用があるカリウムが、成人女子の1日の摂取目安2,000mgの半分量981mg(100gあたり)、他にビタミンAをはじめタンニン、食物繊維もバランスよく含みます。

食べ方としては、乳製品との相性が抜群なので、クセのあるブルーチーズにひとかけするのが特にオススメです。他にはプリンやバニラアイス、ゼリーやヨーグルトにソースとしてかける。こちらもクセになる美味しさです。

【甲州百匁の柿の葉茶】

無農薬栽培の柿の葉を抹茶の製法でパウダーにした、とても飲みやすい後味スッキリのお茶です。

特徴はビタミンC(緑茶の10倍、レモンの26倍)、効果が期待される「タンニン」もしっかり含み、加えて生活習慣病の予防に期待が集まる注目のポリフエノール「ケルセチン」が特に豊富なこと。そしてカフェインレスだからおやすみ前やお子様、妊婦さんにも安心して飲んでいただけます。

パウダーなのでお湯どけ水どけも良く、お気に入りのマイボトルに入れてお飲みいただければ、ペットボトルなどのゴミの減量化にも一役買えること間違いなし。また、寒い冬には抹茶オレならぬ“柿の葉オレ”がオススメの飲み方。濃い目に溶かした柿の葉茶に温めた牛乳や豆乳、お砂糖の代わりに柿蜜を入れて、自然な茶葉の色合いと穏やかな渋みでホッと心が和みます。内容量6g

【ドライフルーツ紅露柿】

百匁柿といえば何と言っても干し柿。柿は干すことで、ビタミンAは2倍、食物繊維は3倍、カリウムもβカロチンも3倍と栄養素がアップします。体に良いことは請け合いで、特に強い抗酸化作用で活性酸素を取り除き、また胃腸を丈夫にして内臓を温めてくれます。ましてや弊社オリジナルの紅露柿は安心の“無農薬・無くん蒸”。また、今回お出しする紅露柿はさらに一年の時間をかけてじっくり仕上げた熟成の品です。

食べ易いダイス状にカットしてありますので、まずは、そのままひとつまみ。その歯触りと味わい深い甘みをご賞味ください。その後は、ドライナッツやクリームチーズとの食べ合わせの妙を是非ご堪能ください。
内容量50g

「柿まるごとお試しセット」価格 4,730円 (税・送料込み)

■個別販売につきまして

然企画のオンンラインショップでは単品でのご購入も承っております。価格は下記の表をご覧下さい。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/73103/table/1_1.jpg ]

■然企画とは

平成26年1月、枯露柿の産地山梨県甲州市で、念願であった「自然に負荷をかけない栽培、また動物たちとの協働というスタイル」を通して“安全・安心の干し柿”“無農薬・無くん蒸「紅露(くろ)柿」”づくりを始めました。「自然環境、お客様、作り手である自分の三方にとってより良い農業の形を次代に残していく」。そのことを目標に掲げ産声をあげた農園です。

立ち上げのきっかけは、病気とはほぼ無縁であった現代表の荻原哲也が急性の内臓疾患を患ったことに始まります。1年以上の入院生活を余儀なくされ、その後も入退院を繰り返した闘病生活。その中で「健康で普通に働けることの有難さ」をしみじみ痛感したこと。また自宅療養中、少しでも気晴らしになればと家族に手を引かれて出向いた畑で、久々に感じる陽射しの温もりや鳥のさえずり、青々と茂った草の鮮やかな色、その中でとりわけ心に響いたのは、踏みしめた土の柔らかいなんとも言えない感触でした。それは、ただそこに立っているだけでとても嬉しくなるような感情でした。
その時、「病気が癒えたらもう一度ここに帰ってきたい」という強い気持ちが湧いてきたことを、今でもはっきりと覚えています。

そして、生業として農業を営むなら、まずは地元特産の枯露柿を農薬や肥料に頼らず無添加でつくりたいと決め、手探りではじめました。当初の数年間は病気の多発に見舞われ、収穫皆無の時期が続きました。その中で、懸命に支えてくれた家族や、地域の方々の理解や励ましなしには今の自分はなく、感謝のしようもありません。まだやっと途に着いたばかりですが、これから先今まで支えてくれた皆さんのご恩に少しでも報いるよう励んでいきたいと思っています。

現在、地域として一時代を築いた枯露柿づくりも時代の移り変わりの中で、その存在に陰りが見えつつあることが一番の気がかりです。然企画は枯露柿を盛り上げる上で微力ながら、お客様が求めるニーズに応える選択肢の一つになれればとの気概でおります。今後とも「松里の枯露柿」ともども然企画の「紅露柿」、「柿蜜」、「柿の葉茶」へのお引き立てをどうぞよろしくお願い致します。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る