流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

トゥギャッター株式会社

月間1億PV超えのトゥギャッターが、企業の新型コロナウイルスへの取り組みを拡散する「これからのカタチ まとめで応援プロジェクト」の応募受付を開始

このエントリーをはてなブックマークに追加

Togetterは、新型コロナウイルスと、そこから派生した社会問題に対して独自の取り組みを行っている企業・店舗を募集し、活動内容の拡散を支援していく企画を始めました。

ツイートまとめサービス「Togetter」が新キャンペーン「これからのカタチ まとめで応援プロジェクト」[ URL : https://note.com/togetter/n/n3bd57120c525 ] を開始しました。このキャンペーンは、新型コロナウイルスと、そこから派生した社会問題に対して独自の取り組みを行っている企業・店舗を募集し、採用となった企業・店舗に対してTogetterが活動内容の拡散を支援していく企画です。該当する取り組みを行っている企業・店舗であれば、活動内容の内容や、規模の大小は問いません。また、他薦も受け付けています。

月間1億PVを超えるツイートまとめサービス「Togetter(トゥギャッター)」を運営するトゥギャッター株式会社(以下:トゥギャッター)は、2020年7月2日より新キャンペーン「これからのカタチ まとめで応援プロジェクト」[ URL : https://note.com/togetter/n/n3bd57120c525 ] を開始しました。

「これからのカタチ まとめで応援プロジェクト」は、新型コロナウイルスと、そこから派生した社会問題に対して独自の取り組みを行っている企業・店舗を募集し、採用となった企業・店舗に対してTogetterが活動内容の拡散を支援していく企画です。
例えば「これまで通りの営業は難しいから、オンラインストアを充実させてみた!」など、新型コロナウイルスに対する独自の取り組みを行っている企業・店舗であれば、活動の内容や、規模の大小は問いません。また、「推してる劇団がWEB演劇を開催するので知ってもらいたい!」などの他薦も受け付けます。
Togetterでは、数多く存在するCGMの中でも随一の拡散力を社会に役立てるため、今後も様々な企画を行っていく予定です。たくさんのご応募をお待ちしています。

<応募概要>

新型コロナウイルスとそれによって発生した社会問題に対する活動
活動に言及したツイートが複数個存在しており、まとめることができる

以上2つの条件さえ満たしていれば、誰でもご利用いただけます。ツイートは一般ユーザーのものでも構いません。

<注意事項>
※ 応募内容を精査の上、採用させていただく場合には、その旨ご連絡差し上げます。
※ 費用は一切発生いたしません。
※ アフィリエイト等、Togetterユーザーの利益を損なう可能性のある案件はお受けできません。
※ 広告タイアップのスポンサードまとめではなく、確認・指示はいただかず、編集部がまとめを作成・公開します。そのため「PR」表記はつきません。
※ 公開前の事前確認・修正はできません。
(事前確認等が可能なプランは有償のスポンサードまとめ[ URL : https://togetter.com/info/advertise ]にて提供しております。)

■「Togetter」について
2019年で10周年となる「Togetter(トゥギャッター)」[ URL: https://togetter.com ]は、Twitterのタイムラインからユーザが自由につぶやきを抽出し、リアルタイムに編集・公開できる「ツイートまとめサイト」です。一瞬でつぶやきが流れていってしまうTwitterから「Togetter」で話題ごとにツイートを抽出してまとめることで、つぶやき単体では得られなかった価値を生み出すことが可能です。まとめられたコンテンツはYahoo!ニュースなど多くのメディアにニュースソースとして取り上げられています。

■トゥギャッター株式会社について
トゥギャッター株式会社は、Twitterのまとめサイト「Togetter」の運営を目的として設立されたWebサービス企業です。代表者である吉田 俊明が2009年9月に個人でサービスインした「Togetter」を、ユーザ数増加やサービスの安定供給および強化への対応のため、2010年6月末に法人化したものです。「Togetter」のほかに、海外向けキュレーションサービス「Chirpstory(チャープストーリー)」[ URL: https://chirpstory.com ]や、ナナメ前向きに令和を駆け抜けるメディア「Togech(トゥギャッチ)」[ URL: https://ch.togetter.com ]を展開しております。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る