流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

トンネル合同会社

【無料セミナー開催のお知らせ】なぜ経験ゼロから3ヶ月で新規事業へ進出できたのか?~「ちば食べる通信」創刊に向けて やって思った創業時にやっておくべき「たった一つ」のこと~

このエントリーをはてなブックマークに追加

11月に創刊!創刊号は先着300名様に限り、幻の米「多古米」が2倍になるキャンペーン実施中!どんな想いで創刊するのか是非お聞きください!

千葉県の食に特化し、こだわりの生産者を取材して作る情報誌と、その生産者のこだわりの食材を毎月届ける「ちば食べる通信」。
11月の創刊に向けて、どうしてこの事業をやるのか?いつから考えていたのか、大変なことは何か?この事業で何をしたいのか などをトンネル合同会社(千葉県松戸市)の代表佐藤が包み隠さずお話します。
また、当日はこだわりの魅力ある生産者さんにも登壇いただく予定です!
【開催概要】
◆日時:10月10日(土)14:00-15:30
◆場所:松戸スタートアップオフィス(松戸市松戸1307-1 松戸ビル13F)&オンライン(※Zoomで開催予定)
◆定員:会場10名(先着順)、オンライン参加50名程度(Zoom) 
◆参加費:無料
◆問合せ:松戸スタートアップオフィス事務局 047-382-6087(フリーダイヤル: 0120-917-854)

「ちば食べる通信」で、「知らなかった千葉」を知る。そしてもっと千葉を好きになってもらいたい!

千葉は調べてみると実は一次産業がとても盛んな地域であり、とても魅力のある県です。ただ、私もそうだったように、地元に対して思い入れがある人が少ないように感じています。その理由の一つに、「知らないことが多い」ということがあるのではないかと思っています。

私自身も、ちば食べる通信を創刊をするために色々と調べてみると、本当に知らないことばかりでした。
知らないことを知ることで、千葉をもっと好きになる。「食べる通信」がそのきっかけになれば何よりですし、本当に頑張っている生産者さんのことを知り、食材に対して考えるきっかけにもしてもらえると、豊かな食生活が送れるのではないかと考えています。

また、食を通して、その地域に行ってみよう、その食材を食べることができる飲食店に行ってみよう、と地域に還元できるきっかけづくりができればと思います。

セミナー当日は、ちば食べる通信の創刊に向けての準備や創業の話はもちろん、千葉県の一次産業の素晴らしさと課題などもお伝えできればと思います!

講師プロフィール
トンネル合同会社 代表/「ちば食べる通信」編集長 佐藤 謙太
松戸市生まれの松戸市在住。
日本大学習志野高校、日本大学理工学部土木工学科卒業後、矢作建設工業株式会社、株式会社ベンチャー・リンクなどを経て2020年6月トンネル合同会社を設立。
外食企業へのコンサルティングなどを行いながら地元千葉での事業として
「ちば食べる通信」の創刊に向けて準備中。
https://taberu.me/post/news/20200728/14228.html

↓セミナーのお申し込みはこちらから(会場参加、zoom参加可能です)
https://matsudo-startup.jp/info/20200916_001673/

↓クラウドファンディングのお知らせ
https://readyfor.jp/projects/chibataberu

↓創刊号の購読を希望される方
登録はこちら:https://secure.taberu.me/subscribe/chiba
創刊まではまだ時間がありますが、読者限定グループへご招待し、生産者とのやり取りや多古米の情報はもちろん、2号目以降の食材や生産者さんの情報などもお伝えしていきます。

【本リリースに関する報道について】
・御社名 ・媒体名 ・ご担当者名
をご記入の上、以下のお問い合わせ先までご連絡ください。
掲載に必要な写真データなど、お送りさせていただきます。

【お問い合わせ先】
宛先:ちば食べる通信編集部(トンネル合同会社)
所在:千葉県松戸市1307-1松戸ビル13F
代表者:佐藤 謙太
MAIL:info@chibataberu.com
WEBサイト:https://taberu.me/post/news/20200728/14228.html

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る