流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

コストサイエンス株式会社

"サプライチェーン再構築"支援サービス「Alternate」をリリース。信頼とコスト競争力を共に維持。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウイルスの世界中での流行によって、生活のあり方と共にビジネス全体のあり方が変容してきました。その中でも見過ごせない大きな問題の1つとして、グローバルビジネスにおけるサプライチェーンの構造的な変化が起きつつあることが挙げられます。

新型コロナウイルスの健康被害が大きい国で経済活動の停滞が長引いているのはもちろんのこと、世界各国の関係性も大きく変容し、一部では貿易問題にまで発展しています。この観点から、特にグローバルなサプライチェーンにおいて、新しい経済環境への対応力および生産に対する信頼性・安定性が今後の命運を分けるといったことが予想されます。

具体的には、グローバルにサプライチェーンを展開している企業にとって、生産拠点や調達先を慎重に吟味してより信頼のできる場所へと移動・切り替えを行なっていく”サプライチェーン再構築”の必要性が高まっていくと考えられます。

このような流れを踏まえ、コストサイエンス株式会社(千代田区、代表取締役:小倉 朗 以下、コストサイエンス)は、コスト競争力を維持しながら”サプライチェーン再構築”を支援するサービス「Alternate」(https://www.alternate.jp)の提供を開始いたしました。コロナショック後のビジネスのあり方を見据え、企業様自身はもちろんその顧客の方々にも信頼される、新しい時代のサプライチェーンづくりをサポートいたします。

■新型コロナのリスク下におけるサプライチェーンへの懸念の高まり
【「供給網見直し」7割、新常態探る 社長100人アンケート」】
「企業が新型コロナウイルスのリスクを前提とする経営のニューノーマル(新常態)を探っている。緊急事態宣言の解除を受けた「社長100人アンケート」では、国内に工場を持つ企業の7割がサプライチェーン(供給網)を見直すと回答。」
引用:『日本経済新聞 電子版』20年6月1日付 (http://www.nikkei.com 閲覧日:20年6月1日)

■「Alternate」の特徴
「18,000社のネットワークを活用」
国内だけでなく、タイやベトナムまで、18,000社のサプライヤーのネットワークにより幅広い業界・製造工程に渡る選択が可能です。特に機械・加工部品を得意とするサプライヤーが豊富となっております。
「サプライヤーを最適マッチング」
上記の幅広いネットワークの中から、見積もりや評価の分析によるサプライヤーの最適なマッチングを行います。今後、AIを導入し自動での最適マッチングも展開予定です。
「コスト競争力を維持」
ただ現行のサプライヤーから切り替えるだけでなく、コスト競争力の観点での評価も行った上でサプライチェーンの再構築を行います。さらに、仕様変更や取引条件変更などのコスト削減もご提案します。

■サービスの流れ

1. 無料メール相談
貴社の現状に関するご相談やサービス内容の詳しいご説明など、お気軽にご連絡ください。担当コンサルタントがこれまでの経験と現在の情勢を踏まえて、回答いたします。

2. Webヒアリング/調達データ分析
正式なご依頼後、貴社の調達に関するデータをご提供いただきます。併せて、Webでのヒアリングを行い、現状の調達データを分析いたします。

3. サプライチェーン再構築/ コスト削減提案
18,000社のサプライヤーのネットワークの中から、見積もりの実施と評価・分析を行い、信頼性とコスト競争力の高いサプライヤーを複数社、提案いたします。必要な情報収集や提供など、選定作業、およびサプライチェーン再構築作業もサポートいたしますので、ご安心ください。また、仕様変更や取引条件変更も提案いたしますので、コスト削減効果も期待できます。

4. 新条件契約締結
代替サプライヤーとの新条件での契約締結をしていただきます。契約締結までの進め方ややりとりなど、しっかりとサポートいたします。

■ご予算
料金体系は完全成功報酬となります。代替サプライヤーとの契約のご成約時に発生する「紹介料」とサプライヤー変更により達成されるコスト削減額に応じた「コスト削減報酬」の2つとなっております。

■お問合せ先
コストサイエンス株式会社
所在地:千代田区九段北1-14-16 PILE KUDAN 1F
代表者:代表取締役 小倉 朗
事業内容:コスト削減、新規事業開発、データ活用事業
TEL:03-3230-0775
URL:http://www.costscience.com/

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
#