流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

全国森林組合連合会

新たな林業の担い手の確保・育成を目的に、森林・林業に関心を持つ方を対象に実施する説明・相談会 「森林(もり)の仕事ガイダンス 東京」を開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

10月26日(土)、11:00から17:00(最終入場 16:30)、東京国際フォーラム

・林業就業についての「知りたい」「聞きたい」「相談したい」に応える過去最多ブース、コーナーを多数設置。フォレストワーカーによるトークショー:3回、ミニトークショー:4回実施
・森林のインスタはじめました。モリメシ、モリの道具、モリの現場・・・、毎日更新! https://www.instagram.com/ringyounet/
・森林・林業に関心を持つ方なら、誰でも参加いただけます。年齢・性別不問/参加費用:無料/事前の参加申し込み:不要/服装自由/家族連れ歓迎
・RINGYOU.NET  http://ringyou.net (「緑の雇用」で検索)

 全国森林組合連合会(代表理事会長:村松二郎、東京都千代田区、)は、林業就業相談会「森林(もり)の仕事ガイダンス 東京」を、10月26日(土)、11:00から17:00、東京国際フォーラム ホールB7で開催します。学生、転職希望者、カップル、家族連れなど年齢、性別を問わず、森林や林業に興味・関心を持つ方なら、誰でも参加いただけます。多くの方の参加をお待ちしています。

■開催概要
開催日時:10月26日(土)11:00から17:00(最終入場 16:30)
会場:東京国際フォーラム ホールB7 千代田区丸の内3-5-1 Bブロック7F
参加都道府県数(予定):北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、新潟、富山、石川、福井、山梨、長野、岐阜、静岡、愛知、三重、滋賀、京都、奈良、和歌山、鳥取、島根、広島、山口、徳島、香川、愛媛、高知、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島  計41ブース

■参加方法
◇参加条件: 森林・林業に関心を持つ方なら、誰でも参加いただけます。
 年齢・性別不問/参加費用:無料/事前の参加申し込み:不要 (当日会場へ来場下さい)/服装自由
◇一般の方からのお問合せ先:森林の仕事ガイダンス事務局
  03-6225-0258 平日 10:00~17:00(9月17日から11月18日、土・日・祝日除く)
◇「緑の雇用」に関する総合ウェブサイト RINGYOU.NET  http://ringyou.net (「緑の雇用」で検索)
◇主催:全国森林組合連合会

 林業就業への入口として行うガイダンスの会場には、過去最多の41都道府県の林業労働力確保支援センター(*)が「相談ブース」を設け、各地の林業に関する情報や林業の仕事内容、就業までの流れについての説明や来場者からの相談に応じます(ガイダンス会場での就職の斡旋は行いません)。

 林業就業についての「知りたい」「聞きたい」「相談したい」に応えるため、日本の林業の現状や「緑の雇用」事業、林業への就業の流れなどについて説明する「オリエンテーションコーナー」、森林の担い手を目指し技術習得に励むフォレストワーカー研修生との「交流ブース」、林業の仕事内容や生活・暮らしについて語るステージイベント「フォレストワーカー・リーダートークショー」の他、総合的な相談窓口も設け幅広い情報を提供します。また、今年は新たにフォレストワーカー交流ブースで少人数制による「ミニトークショー」を実施、林業に就職するための就活や実際の仕事(作業)環境、移住、40代からの転職などをテーマに気軽に質問できる時間も設けます。なお、11月に「森林の仕事ガイダンス 大阪」(11月16日(土)、11:00から17:00、大阪マーチャンダイズ・マート(OMM )Cホール、31道府県参加)を行います。

*参加都道府県情報等は10月1日現在の情報です。変更になる場合もあります。
*林業労働力確保支援センター:各都道府県に設置されていて、林業に従事したい人のために説明会や求人情報の提供、林業従事者の技術研修や林業事業体の雇用管理の改善・合理化など林業労働力の育成確保策に取り組んでいます。なお、都道府県により団体名称は異なります。

 森林の仕事ガイダンスは、新たな林業の担い手となる林業作業士(フォレストワーカー)の確保・育成を目的に、「緑の雇用」新規就業者育成推進事業・現場技能者キャリアアップ対策(林野庁補助事業、以下「緑の雇用」事業)の実施主体として、林業の担い手の確保、高齢化の改善対策に取り組む全国森林組合連合会が実施します。「緑の雇用」事業をとおし、平成15年度から平成30年度(平成30年度は速報値)までの16年間で1万9千人を超える新規林業就業者が誕生しています。

◇SDGsの17目標のうち14目標の達成に寄与することが示される森林の活動(*)。森林の機能を持続的に発揮させ、また、戦後造成をした人工林が本格的な利用期を迎える中、森林整備を行う新たな林業の担い手が必要です *「国連森林戦略計画2017-2030」

◇「緑の雇用」新規就業者育成推進事業・現場技能者キャリアアップ対策で未経験者、経験者をサポートします

≪キャリアアップイメージ≫

 平成15年度から開始した「緑の雇用」。フォレストワーカー研修からスタートした担い手が、フォレストリーダーやフォレストマネージャーとしてキャリアアップしています。そのほか、森林経営の提案を行う「森林施業プランナー」として活躍する人もいます。

昨年度の風景

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る