流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会

世界ゆるミュージック協会がソニー・グローバルエデュケーションと“ゆる楽器”KOOV(R)自由制作コンテストを開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会(代表 澤田智洋、本社 東京都中央区、以下 世界ゆるスポーツ協会)から発足した「世界ゆるミュージック協会」(https://yurumusic.com)は、ソニー・グローバルエデュケーションが展開するロボット・プログラミング学習キット「KOOV(R)」(https://www.koov.io)とゆる楽器のじゆうせいさくコンテストを開催します。

コンテストでは、「ゆる楽器を作ろう」をテーマに、みんなで簡単に合奏できる楽器、またはこれまでなかった、誰でもすぐに弾ける楽器を、KOOVを使って自由な発想で募集します。応募期間は8月1日(土)から8月31日(月)の間、「じゆうせいさく」に投稿された作品から優秀作品を選抜し、コンテスト終了から一定期間KOOVアプリ内の「じゆうせいさく」のトップに表示して表彰します。

■世界ゆるミュージック協会 × KOOV 「ゆる楽器を作ろう」概要
応募内容: 「ゆる楽器」とは、みんなで簡単に合奏できる楽器、もしくはいままで「なかった」誰でもすぐに弾ける楽器のこと。これまでにないような「楽器」やその「使い方」をKOOVの作品にして投稿
応募期間: 2020年8月1日(土)~2020年8月31日(月)
賞品: 「じゆうせいさく」に投稿された作品から、優秀作品を選抜。コンテスト終了から一定期間KOOVアプリ内の「じゆうせいさく」のトップに表示して表彰します。金賞作品は、世界ゆるミュージック協会の「ゆる楽器」として公認することを予定しています
対象者: 国内のKOOV利用ユーザー
応募方法: KOOVアプリの「じゆうせいさく」に「ゆる楽器」を題材にした作品を投稿してください

入賞者の副賞
金賞1名: ソニー製スマートスピーカー (品名:SRS-XB501G)
銀賞1名: ソニー製ワイヤレスポーダブルスピーカー(品名:SRS-XB23)
銅賞1名: KOOVオリジナルノベルティセット
詳細ページURL: https://www.koov.io/notices/236

▼KOOV(R)(クープ)
KOOVはブロックで自由な「かたち」を作り、「プログラミング」によってさまざまな「動き」を与えて、学び、創造力を育成するロボット・プログラミング学習キットです。一人ひとりが違う「かたち」をつくれることをコンセプトにしており、日本のみならず中国、米国へも導入されているグローバルな教材です。2016年度グッドデザイン金賞を受賞し、KOOV for Enterpriseは、第15回(2018年度)日本e-Learning大賞(最優秀賞)を受賞するなど様々な教育関係者から評価されており、多くの学校や塾などに導入が進んでいます。
公式サイト:https://www.koov.io
※KOOVは株式会社ソニー・グローバルエデュケーションの登録商標です。

■世界ゆるミュージック協会について(https://yurumusic.com
すべての人に楽器を演奏する喜びを提供するプロジェクトです。人々が楽器をやらない理由は、「自分には才能がない(と思い込んでいる)」「挫折した経験がある」「始めるきっかけがない」「騒音が気になる」など様々です。それなら、「人が楽器をやらない理由をなくす新しい楽器」をつくれないだろうか。リズム感や音感がなくても大丈夫。騒音が気にならない。気軽に、そして気兼ねなくプレイできて、多様なラインアップから自分に最適な一つを選べる。これまで40以上の「ゆるスポーツ」を開発してきた世界ゆるスポーツ協会が「ゆる楽器」の開発を行います。

一般社団法人 世界ゆるスポーツ協会について
公式HP: https://yurusports.com
公式Facebook: https://www.facebook.com/yurusportslove
世界ゆるスポーツ協会は“スポーツ弱者を、世界からなくす。”ことをコンセプトに、2015年4月10日に発足しました。当協会は、だれでも楽しめる新しいスポーツジャンルを創りだすことを追求し、60種類以上(2020年8月1日現在)の競技を公開し、幅広く親しんでいただく活動を行っています。また、運営にあたりプロデューサー、ディレクターを中心に、スポーツアンバサダーおよび、多数のスポーツクリエーターにより推進しています(https://yurusports.com/members)。2017年12月に「HEROs AWARD」の第1回となる「HEROs Award 2017」を受賞。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る