流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

リビエラグループ

1929年創業、1950年 料亭『白雲閣』の開業から【リビエラ東京】は、本日2020年1月23日おかげさまで70周年を迎えることを記念し、「70周年特別プラン・料理コース」を販売します

このエントリーをはてなブックマークに追加

レストランやウェディング事業を展開する株式会社リビエラ(グループ本社:東京都港区 代表取締役社長:小林昭雄)は、1929年創業、1950年料亭『白雲閣』を開業し、本日2020年1月23日(木)リビエラ東京(所在地:東京都豊島区西池袋)は、おかげさまで70周年を迎えます。70周年スペシャルイヤーとして「結(ゆい)」をテーマに、過去と未来、伝統と革新を繋ぎ、お客様との絆をさらに結んでいけるよう「70周年特別プラン・料理コース」を販売いたします。(https://www.riviera.co.jp/70year_riviera.tokyo/)

■リビエラ東京70周年の歩み
創業者堀江浅蔵がリビエラ東京の源流にあたる「薪炭問屋 福島屋」を1929年(昭和4年)開業。

1943年(昭和18年)大燃料工場5工場、従業員400名、城北地区5指に数えられる薪炭問屋に成長。1945年(昭和20年)応召と終戦後の食料との闘いを目の当たりにし、職業観が180度変わり「飲食こそわが仕事」と大きく事業展開していた燃料業から、人の暮らしに欠かせない飲食業への業態転換を決め、当時16坪以上は建てられず、料理屋に相応しい建物を確保のため、長野県を上諏訪で見つけた240坪の2階建て総檜造り旧豪族御殿を移築。1949年(昭和24年)料亭「白雲閣」開業。富士山の白雲棚引く様子より、白雲の楼閣「白雲閣」と命名。現在の約4分の1の面積。1950年(昭和25年)1月23日正式登記。

焼け野原とバラックの池袋に出現した240坪の御殿「白雲閣」は、たちまち評判を呼び、池袋はもとより浅草、日本橋からもお客様が押し寄せ、盛業を極めた。1953年(昭和27年)大作家・江戸川乱歩氏や小笠原大蔵大臣らも御贔屓筋で、いつも宴会を催していた。1954年(昭和29年)一般の宴会に加えて冠婚葬祭業(結婚や精進落とし)の会食も人気を呼び、新館がオープン。12月大火により240坪の旧館はほぼ全焼。1956年(昭和31年)再建に奔走し、1,500坪に拡張。滝と庭園を施し大広間を含めた大小32室の料亭として再スタート。中居・女中150名と男衆50名のスタッフを抱え繁栄を続けた。

1957年(昭和32年)高松宮殿下ご来臨。1980年(昭和55年)日本料理から「会席料理」に切り替える。「ワインで会席」イベントを開催し、新しい食文化普及に務める。(2018年まで毎年開催)1986年(昭和61年)日本初のフローリングのバンケットとして大広間を改装し爆発的な人気となる。1987年(昭和62年)時代はバブル景気となり各種宴会の客数も増加。婚礼も「カラーウエディング」の先鞭をつけ、自分たちらしさを求めるお客様の声に真摯に向き合った末にたどり着いた“オリジナルウェディング”のアイデアは人気を博す。その後も“トータルコーディネート”や“テーマウェディング”など常に時代を先取りしてお客様に提案し続け、「ウェディングのリビエラ」という評価もいただけるようになる。毎年夏季休業を利用して先駆的な改装と木造躯体の補強をし今日に至る。

「伝統を守りながらも、常によりよい変化を模索する」のが、今のリビエラに続く白雲閣の流儀です。「古き良きものを未来に残す」という一点において、リビエラは頑固です。しかしリビエラが守りたいことの本質は、お客様の感動です。本質を守るためには、自らの対応を柔軟に変えることを厭いません。華麗な施設を備えたハコとしての宴会場である前に、おいしいものを心ゆくまで味わえる料理店であること。それが今のリビエラ東京にも引き継がれる白雲閣の本質です。その哲学は、リビエラ東京と名を変えても、いささかも揺るぎません。

きっとこれから先の時代も。

苦労を重ね白雲閣を創り守り続けてた創業者の基盤を繋げ、70年の長きに渡ってここ池袋に存在しリビエラ東京が商売をさせてもらってます。それは地域の皆様に受け入れられ、義理人情に厚いお取引様に支えられ、またお客様にご愛顧いただいたからに他なりません。

おかげさまで70周年。

■リビエラ東京 70周年特別プラン&料理コース紹介

<宴会・会議・パーティ>
五感を楽しむ料理。個性あふれる会場。上質なサービス。ご使用の用途や人数に応じて、様々な宴会・会議・パーティにご対応可能です。経験豊富なイベントプランナーが、お客様のご要望を丁寧にお伺いし、完全個室制ですので、理想の宴席をプロデュースします。ワンランク上の上質な時間を、ぜひお過ごしください。

『リビエラ東京宴会 70周年記念コース』
リビエラグループ総料理長 岡野信司が提供する特選コース。
旬の厳選された食材を使用し、そのときそのときに合ったお料理を提供致します。
(ご利用人数)
2名様~120名様
(料金)
10,000円~(税・サービス料別)
(席料)
500円~(税・サービス料別)
(時間)
11:30 ~ 21:00
※パーティ最終開始時刻は19:00まで
(お問い合わせ)
TEL:03-3981-3233または下記URLよりお問い合わせください。
https://www.riviera.co.jp/banquet/tokyo/plan/70thanniversary/

<茶寮 リビエラの庭>
リビエラ東京内のレストラン。「海と山に抱かれた実り豊かな日本ならではの季節の味を五感で愉しむ」をコンセプトに、産地にこだわって仕入れた魚介類や自社菜園で育てた無農薬野菜を中心に季節感溢れる和食を提供。お客様からご好評の「土鍋ご飯」はお米の銘柄にもこだわり丁寧に炊き上げています。開業70周年を迎える「白雲閣」より伝統を受け継ぎ、目でも舌でも美しさが広がるお食事を心ゆくまでご堪能ください。

『70周年記念コース「風」~KAZE~』
季節の食材と料亭『白雲閣』より伝統の味わいを受け継いだ和食の技法を駆使した70周年特別コース。
プライベート感溢れるお庭を眺めながら大切な人と会食をお楽しみください。

(料金)
6,000円(税別)
(営業時間)
11:30~15:00(14:00 L.O.)
(定休日)
水・土・日・祝日
(お問い合わせ)
TEL:03-3981-3245または下記URLよりお問い合わせください。
https://www.riviera.co.jp/restaurant/tokyo/event/recommended/

(料理内容)
●前菜
 魚介の酒蒸し/土佐酢ジュレ/燻製鴨とインカポテトのサラダ/春野菜の彩
●スープとお造り
 蕪のスープ/柚子/季節の鮮魚
●温菜
 天ぷらの盛り合わせ(白海老のかき揚げ/わかさぎ/蓮根/菜の花/丸十/京人参素揚げ)
 サーロインステーキ/イクラおろし和え
●ご飯
 握り寿司/赤出汁
●デザート
 パティシエオリジナル

<リビエラカフェ グリーンスタイル>
リビエラ東京内のカフェ。自社菜園で育てたブルーベリー、野菜、ハーブを使用し、素材の味を楽しむヘルシーメニューに定評があり、豊富な野菜とスイーツを楽しめる池袋駅徒歩1分のカフェです。特に、肉のブロックを使わず野菜のみで作るカレーやヘルシープレートは人気商品。また、そば粉で作るガレットやグルテンフリーパン、ANAの機内食で採用されたバリアフリーパン(アレルギー物質を全て取り除いた)など、グルテンフリーのメニューを多数提供します。貸切予約も可能で、歓送迎会・結婚式の二次会・女子会・ママ友の集まりにもご利用いただけます。

『70周年記念メニュー グルテンフリーパワープレート』
代替グルテン・増粘多糖類等を使用せず、旬の食材を贅沢に活かしたグルテンフリーパワープレートを70周年特別メニューとしてご提案しています。ゆったりとした空間で安らぎのひと時をお過ごしください。
(料金)
1,700円~(税別)
(営業時間)
11:00~18:00(17:00 L.O.)
(定休日)
水曜日
(お問い合わせ)
TEL:03-3981-3264または下記URLよりお問い合わせください。
https://www.riviera.co.jp/restaurant/tokyo-cafe/

■リビエラ東京について
ターミナル駅である「池袋駅」西通路C3出口から徒歩1分、立教大学前。1950年開業、前身となる料亭「白雲閣」から続くおもてなしと伝統の味わいで人々の集いの場を提供し続け、2020年に70周年を迎える。築70年、木造建築の地下1階地上3階には、3つの大バンケット(170平方メートル 以上)と3つの中バンケット(70平方メートル 以上)、5つの個室、滝が流れ緑豊かな庭、レストラン、カフェがあり、宴会、接待、会食、展示会、ウェディング、ジャズライブハウス、サロンコンサートなど、さまざまな用途でのご利用に定評がある。

【店舗概要】
(店 舗 名)
リビエラ東京
(所 在 地)
東京都豊島区西池袋5-9-5
(TEL)
03-3981-3233
(定休日)
水曜日
(アクセス)
「池袋駅」西通路C3出口から徒歩1分
JR山手線・埼京線・湘南新宿ライン、
東京メトロ副都心線・丸の内線・有楽町線
東武東上線、西武池袋線

■株式会社リビエラについて
株式会社リビエラは1950年、前身となる「白雲閣」の開業以来、日本ならではの細やかな心遣いを大切に、積み重ねてきた伝統と格式を守りながら、東京都池袋、青山、神奈川県逗子、三浦の4拠点において飲食事業を営んでいます。現在「リビエラ東京(池袋)」「シーサイド リビエラ(逗子)」で婚礼事業、「リビエラ逗子マリーナ(逗子)」で宴会事業、レストラン・カフェ事業を7店舗展開しています。また各事業所を活用したMICE利用や、湘南ビーチFMとタイアップのジャズライブ、地元店舗とタイアップしたマルシェなど各種イベントを企画・運営しています。リビエラ逗子マリーナ(神奈川県逗子市)においては、全11室のスモールラグジュアリーホテル「マリブホテル」および、日本初上陸となるレストラン「マリブファーム」を新たに建設中で、開業を機に滞在型マリーナリゾートへ生まれ変わります。事業展開と同時に、「リビエラ未来創りプロジェクト」を通し、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を推進しています。公式サイトhttps://www.riviera.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る