流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

ケイアイスター不動産株式会社

不動産業界初のサービス “お住いレス9(キュー)” が2020年6月1日(月)よりTV各局にてTVCMの放映を開始致します

このエントリーをはてなブックマークに追加

ケイアイスター不動産は、業界初の取り組みとして5月7日(木)より開始したお見舞金による顧客への住宅ローン返済の支援サービス “お住まいレス9(キュー)” のTVCMの放映を、本年6月1日(月)から関東エリア(1都6県)で開始致します。

 ケイアイスター不動産(本社 埼玉県本庄市、代表取締役 塙 圭二、以下 当社という。)は、業界初の取り組みとして5月7日(木)より開始したお見舞金による顧客への住宅ローン返済の支援サービス “お住まいレス9(キュー)” のTVCMの放映を、本年6月1日(月)から関東エリア(1都6県)で開始致します。

 今回のCMは、実際に ”お住まいレス9(キュー)” のサービスをきっかけに当社の物件を購入いただいたお客様の声や、新型コロナウイルスの感染拡大により日本にも甚大な影響を及ぼし、今後の生活の見通しに対しても経済的な不安が高まる中で住宅を購入することにためらいを感じている方に対し、安心感を持って住まいを選んでいただけるように制作を致しました。

<CM概要>
タイトル  :【KEIAI】お住まいレス9 TVCM15秒ver.
放映開始日:2020年6月1日(月)
放映地域 :関東エリア(1都6県)
テレビ局:日本テレビ、TBS、テレビ東京

<CM公開>
https://ki-group.co.jp/

■お住まいレス9(キュー)とは
 不測の事態によって顧客の住宅ローンの支払いが困難になった際に当社が顧客に対してひと月上限5万円、最大9か月間お見舞金をお渡しし、住宅ローンの返済に充てていただく支援を行うサービスです。2020年5月7日(木)からサービスを開始し、専用サイトを2020年5月13日(水)に公開いたしました。
 お見舞金による顧客への住宅ローン返済の支援は、不動産業界では初の取り組みです。(※当社調べ)
 ウィズコロナ対策として不動産業界もこの危機を国民と一丸となって乗り切るべく、このような取り組みが重要と考え、実施を決定いたしました。お住いレス9(キュー)専用サイト:https://ki-group.jp/housingres9/

◆ケイアイスター不動産とは
 「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っています。地域密着型の総合不動産業として、関東を中心に1都9県(埼玉、群馬、栃木、茨城、千葉、神奈川、福岡、愛知、宮城)で多角的な事業を展開。新築戸建を中心に年間4,153棟(土地含む)を販売(※)。2020年3月期の売上高は1,207億円(※)。デザイン性を重視し「KEIAI FiT」「カーザスタイル」「テラス」等、価格帯の異なる商品展開や地域特性を考慮し、お客様のニーズに対応しています。
 また、昨今は女性管理職を積極的に登用し、多様な働き方の実践が評価を頂き「なでしこ銘柄」選定をはじめ様々な認定を頂きました。その他、外国人実習生の積極的な採用など、ダイバーシティ推進に注力しております。(※グループ連結数値)

【会社概要】
社 名   ケイアイスター不動産株式会社(コード番号:3465 東証一部上場)
代 表 代表取締役 塙 圭二
所在地 〒367-0035 埼玉県本庄市西富田762-1
資本金   82,105万円
設 立   1990年11月
従業員数  1,448名(連結 / 2020.4.1現在)
URL    https://ki-group.co.jp/
事業内容  戸建分譲事業、注文住宅事業、総合不動産流通事業 ほか

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
#