流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

NVIDIA

「Minecraft」が RTX 対応に!世界のベストセラー ビデオ ゲームにリアルタイム レイトレーシングを実装

このエントリーをはてなブックマークに追加

NVIDIA と Microsoft が、数百万人の「Minecraft」プレイヤーに驚異的な新ビジュアルを提供

2019 年 8 月 19 日 - ドイツ ケルン - Gamescom - NVIDIA と Microsoft は本日、1 億 7,600 万本以上販売された、世界で最も売れているゲーム ソフト「 Minecraft」が PC でのリアルタイム レイトレーシングに対応し、ゲームのリアルさが劇的に向上するという発表を行いました。

ゲームの無料アップデートにより、「Minecraft」のプレイヤーは、よりリアルなシャドウ、照明および鮮やかな色彩により、自らが作り上げた世界のビジュアルをより鮮やかなものにすることができます。

NVIDIA の GeForce マーケティング責任者であるマット ウェブリング (Matt Wuebbling) は、次のように述べています。「『Minecraft』を通じて、コアゲーマーだけではなく、あらゆる年齢と背景の数百万のゲームプレイヤーにレイトレーシングの魅力が伝えられることになります。世界で最も売れているビデオゲームに、PC でのレイトレーシング機能が実装されることは、ゲーミングのエコシステムにおけるレイトレーシングの勢いを示しています」

Microsoft の Minecraft 担当フランチャイズ クリエイティブ ディレクターのサックス ペルソン (Saxs Persson) 氏は、次のように話しています。「レイトレーシングは、次の『Minecraft』として我々が考えているものの中心に位置しています。GeForce RTX が、『Minecraft』の世界に、まったく新しい感覚を与えています。通常の『Minecraft』では、金ブロックは黄色にしか見えませんが、レイトレーシングを使えば、光のきらめきや反射だけでなく、金ブロックに映った Mob (村人やモンスターなど) の姿も見えるようになるのです」

NVIDIA は Mojang と連携して、パストレーシングと呼ばれるレイトレーシングの 1 つの手法を、このゲームの Windows 10 バージョンに追加しています。パストレーシングとは、シーンのなかでの光の伝搬のしかたをシミュレートするものです。パストレーシングは、これまでラスタライズまたはハイブリッドのレンドラーを使って個別に実行されていた、多様なタイプの効果のライティング計算を統一のモデルで行うものです。そのライティング計算の対象には、以下のようなものがあります。

・太陽、空、ならびにグロウストーンや溶岩などの発光する表面を含む、さまざまな光源からの直接光
・サイズや形状、光源からの距離によってさまざまに異なる、リアリスティックなハード シャドウおよびソフト ・シャドウピクセル当たりの放射光
・間接的な拡散イルミネーション (拡散グローバル イルミネーション)
・間接的な鏡面反射イルミネーション (リフレクション)
・リフレクション、リフラクションおよびスキャッタリングを伴った、透明な素材(ステンドグラス、水、氷)
・大気散乱と密度 (深みのある霧、細い光、リアリスティックな空)

リアルタイム レイトレーシングは、ゲームの作り方を変え、ゲームの画像品質を劇的に向上させています。レイトレーシングは、業界標準のアプリケーション プログラミング インターフェイス、多くの人気のプライベート ゲーム エンジンへの対応、ならびに最も待望されているタイトルの大手ゲーム制作会社のゲームを含む、ロバストなエコシステムを通じて発展しています。

NVIDIA GeForce RTX GPU は、リアルタイム レイトレーシングを実装したゲームのプレイを可能にする、唯一の GPU です。

NVIDIA は、招待客限定のイベントで、世界で最も待ち望まれている、レイトレーシング グラフィックス採用タイトルのいくつかをプレミア公開し、Gamescom 2019 の幕を切って落とします。出席者は、Minecraft をプレイし、レイトレーシングでのゲームプレイをキャプチャし、その後に共有することができます。

リアルタイムのレイトレーシングでレンダリングされた Minecraft は、 新しいゲームプレイ トレーラー と NVIDIA がリリースした スクリーンショット でご覧いただけます。マスコミの皆さまは、 www.nvida-press.com よりダウンロードいただけます。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る