流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

フラー

ユナイテッドが国内No.1 アプリ分析ツール「App Ape」導入

このエントリーをはてなブックマークに追加

~企業のDXをアプリ領域で手厚く支援~

 アプリ分析ツール「App Ape(アップ・エイプ)」を手がけるフラー株式会社(本社:千葉県柏市、代表取締役:渋谷 修太・櫻井 裕基、以下 フラー)は、ユナイテッド株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 兼 執行役員:早川 与規、以下 ユナイテッド)に国内最大級のアプリ分析ツール「App Ape」をご導入いただきましたことをご報告いたします。

■App Apeのモバイルデータで、顧客のDXの道筋を可視化

 ユナイテッドは、2021年3月期より「DXプラットフォーム事業」に注力しています。同事業において、ユナイテッドグループは数多くの自社サービスやアプリの開発・運営を通じて培った技術力やノウハウを活用し、社会のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しております。同社の市場分析やベンチマーク分析にApp Apeを活用頂くことで、複雑なDXの道筋の可視化を支援してまいります。

▽App Ape導入の背景

 ユナイテッドは、同グループ企業ブリューアス、フラーとDX事業を推進するための業務提携を行っており、App Apeは、同提携の目的であるアプリ開発・分析・改善の一気通貫でのサービス提供の一助になるとご評価頂いたことから導入に至りました。

■App Ape活用事例

1. 顧客の事業領域のモバイル活用度を可視化
 DXを推進する場合には、自社だけではなく業界全体やユーザーのマインドがデジタルシフトすることが重要です。App Apeのアクティブユーザー分析を活用することで、顧客の事業領域において生活者がどの程度スマートフォンを活用しているか、その度合いが成長しているかの可視化を行い、その市場のデジタル化の重要性を判断頂きます。

2. 顧客サービスの課題・強みを相対評価
 DXを推進していく上で重要なのは、顧客の自社データの分析、解釈です。自社サービスのユーザー数・滞在時間・継続率が適切か、もしくは課題があるのかという解釈は、他社との相対評価を行うことで初めて可能になります。App Apeのアクティブユーザー数、起動率分析、リテンション分析を活用頂き顧客サービスの課題をあぶり出すことで、DXで成果を出すための処方箋作りを効率化して頂きます。

■ユナイテッドについて

【会社概要】
会社名:ユナイテッド株式会社
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル B1F(受付)・10F・12F
設立日:1998年2月
代表取締役社長 兼 執行役員:早川 与規
事業内容:DXプラットフォーム事業・インベストメント事業・アドテクノロジー事業・コンテンツ事業

公式ホームページ:https://united.jp/

App Apeとは?アプリユーザーを最も理解できるサービス

 App Ape(アップ・エイプ)は、スマホアプリの実利用データを提供する、国内No.1*のアプリ分析サービスです。(*Fastask調べ)
 テレビにおける視聴率情報のスマホ版のような位置付けで、どのアプリがいつ・誰に・どのくらい使われているかといったデータをご覧いただけます。データは国内のみならず、世界7カ国に対応しております。
 スマホアプリの実利用データに加え、ストア情報や属性情報など横断的なデータを提供しており、市場・競合調査を始めとするアプリの企画・マーケティングに 幅広くご利用いただけます。
 アプリ開発会社や広告代理店・金融機関など、アプリに関わる法人・個人様にご活用いただいており、これまでに国内外5,000社以上の企業・団体様にご利用いただいております。

▼App Apeの詳細ページ
https://ja.appa.pe/?utm_source=article-prtimes&utm_medium=referral&utm_campaign=20200811

■フラーについて

【会社概要】
会社名:フラー株式会社
本店所在地:〒277-0871 千葉県柏市若柴178-4 柏の葉キャンパス 148-2 KOIL
設立日:2011年11月15日
代表者:渋谷 修太、櫻井 裕基
事業内容:アプリ分析支援事業、共創事業
URL:https://fuller-inc.com
本件に関するお問い合わせ先:広報窓口・丸七  pr@fuller.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る