流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

デルタ航空

デルタ航空、アメリカン・エキスプレスとの提携カードのメダリオン会員資格に特別措置を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加

https://news.delta.com/delta-skymiles-american-express-cards-provide-more-flexibility-JP

デルタ航空は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響により渡航制限が続くなか、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル, Inc.との提携により、同社が発行しているクレジットカード「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス(R)・ゴールド・カード」および「デルタ スカイマイル アメリカン・エキスプレス(R)・カード」の2種類の提携カード保有会員に対し、特別措置を実施することにしました。

1. メダリオン会員資格の延長
2020年2月1日から2020年12月31日までの期間内に保有、もしくは新たに獲得したメダリオン会員資格の有効期限を、2022年1月31日まで延長します。

2. メダリオン会員資格取得プログラムのご利用金額条件の引き下げ
対象期間のメダリオン会員資格取得プログラムのご利用金額条件を引き下げます。対象となるプログラム期間は、プログラム開始日が2019年6月26日から2020年6月25日までで、ゴールドメダリオン会員資格のご利用金額条件は従来の150万円から100万円に、シルバーメダリオン会員資格のご利用金額条件については100万円から70万円になります。

詳細については、アメリカン・エキスプレスのサイトをご覧ください。https://www.americanexpress.com/jp/index/offers/Topics/2020/delta-medallion-program.html

デルタ航空では既に、デルタ スカイクラブの会員資格の延長に加え、デルタ・スカイマイル・プログラムのメダリオン会員に対し、一年間の会員資格の延長を発表しています。今回のアメリカン・エキスプレスとの提携カード会員への特別措置は、お客様に十分な期間をご提供し、安心して次のご旅行の準備をしていただくためのデルタとアメリカン・エキスプレスの取り組みの一環です。

デルタ航空のスカイマイルは、獲得したマイルを特典に交換しやすく、有効期限がありません。ご獲得いただいたマイルはデルタ航空および提携航空会社が運航するフライトで特典航空券としてご利用いただけます。デルタ航空運航便に関しては特典航空券の適用除外日はありません。詳しい情報はデルタ航空ウェブサイト内スカイマイルのページdelta.com/skymilesをご参照ください。

デルタ航空では、お客様が安心してご旅行できるよう、高水準の清潔さ、より広いスペース、より安全なサービスの提供に努める一方で、新型コロナウイルスの影響による旅程の変更については引き続き柔軟に対応しています。このため、変更手数料免除の期間を延長し、新規に購入された7月31日までの航空券について、購入日から1年間の変更については変更手数料を免除することにしました。

さらに、運航スケジュールの変更により影響を受けたお客様、または今後のご旅行を延期を希望されるお客様は、2022年9月30日までのご旅行を変更手数料なしで再予約できます。対象となる旅程は以下のとおりです。
・2020年4月17日時点で、 9月30日までに出発予定のご予約済みの航空券
・2020年3月から2020年9月までの間にキャンセルされた航空券
フライトの変更方法に関する質問およびその他のよくある質問については、デルタ航空ホームページのコロナウイルス最新情報センター https://ja.delta.com/jp/ja/travel-update-center/overview をご覧ください。
デルタ航空では、お客様と従業員に安全なフライト経験を提供するためにあらゆる対策を講じています。以下はその対策の一部です。
・機内でのお客様間のスペースを確保するため、中央席をブロックし、米国内線のファーストクラスでは50%、その他の客室では60%の座席占有率を維持しています。
・静電スプレー機を用い、すべての航空機を出発前に消毒しています。
・お客様がすれ違う機会を減らすため、後部座席から順番に搭乗手続きをしています。
・機内での接触機会を減らすため、機内食サービスを簡素化しています。
・HEPAフィルターを使用した最新の空気清浄システムにより機内の空気を浄化しています。
・デルタ航空の施設内では、すべてのお客様にフェースカバーの着用を要請しています。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る