流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ニッコー・ホテルズ・インターナショナル

 【ホテル日航熊本】 古澤巌「ヴァイオリンの夜」~ディナー&コンサート~ を2020年2月5日(水)に開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホテル日航熊本(熊本市中央区上通町、代表取締役社長総支配人:川崎博)では、2020年2月5日(水)に “ホテル日航熊本MUSIC&DINE“ 古澤巌「ヴァイオリンの夜」~ディナー&コンサート~ を開催いたします。
「神のヴァイオリン」と呼ばれ、日本を代表するヴァイオリニストの一人、古澤巌。 芸術性豊かな音色と、その表現力で私たちを魅了します。
スペシャルディナーとともに、美食と音楽が織りなす一夜限りの格調高いエンターテインメントをお楽しみください。

【イベント概要】

●イベント名
 “ホテル日航熊本MUSIC&DINE“
 古澤巌「ヴァイオリンの夜」~ディナー&コンサート~

●日 時
 2020年2月5日(水)
 受付/18:00~、ディナー/18:30~、コンサート/20:00~

●出 演
 古澤巌(ヴァイオリニスト)、金益研二(ピアニスト)

●会 場
 ホテル日航熊本 宴会場「阿蘇」(5階)

●料 金
 ¥23,000(ディナー、ドリンク、コンサート)
 ※料金には消費税、サービス料を含みます。

●ご予約・お問い合わせ
 イベント係:096-211-1184(10:00~18:00 )
 または ホテル日航熊本ホームページより(https://nikko-kumamoto.co.jp/

※未就学児の入場はお断りいたします。会場内は全席禁煙です。

【古澤巌 プロフィール】
1979年、日本音楽コンクール第1位。
フィラデルフィア「カーチス音楽院」、ザルツブルグ「モーツァルテウム音楽院」をはじめ、チューリッヒ、パリ、ポンサン・エスプリで、20世紀の巨匠ミルシティン、ヴェーグ、ギトリス、チェリビダッケ、バーンスタイン等に師事。今までにヨーヨーマ、ペーターダム、プレトニョフ、アサド兄弟等と共演。
86年葉加瀬太郎と新しいステージ創りを始め現在に至る。
RKB「新・窓を開けて九州」、東京FM「ジェットストリーム」のテーマ曲を演奏。2020年秋より塩谷哲を音楽監督に迎え新しいバンドが始まり、7年続いたベルリンフィル・メンバー弦楽5重奏とのXmasツアーもベルリンフィルの若手メンバーに一新。毎夏、日向市で石神山ミュージックキャンプを開催、へべす大使も務めている。
最新アルバムは「Limpida~潤いの時(HATS)」。

【金益研二 プロフィール】
作編曲家・ピアニスト。東京都出身。東京芸術大学音楽学部作曲科卒業。
06年にはブエノスアイレスにてホルヘ・ドラゴーネ氏にタンゴピアノを師事。
08年より世界の音楽とオリジナル楽曲を織りまぜた独自のスタイルでソロライブ「音の散歩」シリーズを展開。ヴァイオリニスト古澤巌のCD「愛しみのフーガ」(2017)に「ブエノスアイレスのワルツ」が収録される他、様々なアーティストへ楽曲・アレンジを提供。ヤマハミュージックメディアより「JAZZアレンジで弾くスタジオジブリ」など、主にポピュラーピアノの編曲譜面を多数出版。
ピアニストとしては自身のライブの他に、尺八奏者・渡辺淳氏とのユニット「ウミガメ」や、アルゼンチンタンゴバンド、ミュージカルのオーケストラでの演奏、多岐に渡るジャンルのアーティストのサポートなど、幅広く活躍中。

◇ホテル日航熊本について◇

2002年5月31日開業。 熊本市の中心部に位置し、西日本最大級の
ショッピングアーケードやオフィス街と隣接、熊本城や官公庁へも徒歩圏内という絶好のロケーションです。
熊本空港へのリムジンバスや各方面へ向かう高速バスはホテル正面のバス停よりご乗車いただけ、JR熊本駅や水前寺公園などの観光地を結ぶ路面電車の電停もすぐ近くにあり、交通アクセスに恵まれています。
また、広さ1,500m²、最大1,500名様をお迎えすることができる
熊本最大規模の宴会場や600m²の中宴会場、11の小宴会場を有し、大規模なコンベンションや各種イベント、ご宴会、ご披露宴など幅広くご利用いただけます。
レストランは、日本料理・フランス料理・中国料理・ブッフェスタイルに加えて、ティー&カクテルラウンジ、ケーキショップを備えています。
191室の客室は、西側からは復旧へ向かう熊本城を望み、東側からは雄大な阿蘇の山並みを一望でき、熊本ならではの景色をお楽しみいただけるゆとりの空間です。

ニッコー・ホテルズ・インターナショナルのプレスリリース一覧
https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/2213

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る