流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

株式会社セガゲームス

『オルタンシア・サーガ』×『ゴブリンスレイヤー』コラボレーションイベントを本日より開催!

このエントリーをはてなブックマークに追加

好評配信中のiOS/Android向け戦記RPG『オルタンシア・サーガ (以下『オルサガ』)』では、『ゴブリンスレイヤー』とのコラボレーションイベントを本日1月24日(金)より開始しました。

■限定イベントやコラボガチャなどイベント満載のコラボに乞うご期待!

『オルサガ』と『ゴブリンスレイヤー』のコラボイベントがいよいよ本日よりスタート!
“コラボ記念ログインボーナス”をはじめ、2回に分けて開催される特別なイベントや、コラボユニットが入手できる“コラボガチャ”など、期間限定のスペシャルコラボにご参加ください。

『ゴブリンスレイヤー』コラボ特設サイトはこちら:
https://horsaga.sega-net.com/goblin

▼『ゴブリンスレイヤー』×『オルタンシア・サーガ』コラボ映像満載の紹介PVを公開!
URL:https://youtu.be/M7XqXM6FPIM ※記事内への埋め込みが可能です。

<『ゴブリンスレイヤー』とは>
『ゴブリンスレイヤー』はシリーズ累計600万部を突破した、蝸牛くもが「GA文庫」より刊行中のライトノベルを原作とするダークファンタジー。
辺境のギルドには、ゴブリン討伐だけで銀等級(序列三位)にまで上り詰めた稀有な存在がいるという……。
冒険者になって、はじめて組んだパーティがピンチとなった女神官。
それを助けた者こそゴブリンスレイヤーと呼ばれる男だった。

●TVアニメ『ゴブリンスレイヤー』の新作エピソード 劇場版「GOBLIN’S CROWN」(ゴブリンズクラウン)2020年2月1日(土)より公開

□STAFF
原作:蝸牛くも(GA文庫/SBクリエイティブ刊)
キャラクター原案:神奈月昇
監督:尾崎隆晴
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン:永吉隆志
アニメーション制作:WHITE FOX

□CAST
ゴブリンスレイヤー:梅原裕一郎
女神官 :小倉 唯
妖精弓手:東山奈央
牛飼娘 :井口裕香
受付嬢 :内田真礼
鉱人道士:中村悠一
蜥蜴僧侶:杉田智和
魔女 :日笠陽子
槍使い :松岡禎丞

『ゴブリンスレイヤー』公式サイト: http://www.goblinslayer.jp/

著作権表記:(C)蝸牛くも・SBクリエイティブ/ゴブリンスレイヤーGC製作委員会

<オルタンシア・サーガ ゼロとは>
『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団- 』のメインストーリーである「オルタンシア伝(三部作)」完結後の新たな物語。舞台となるのは遥か昔、700年前のイエペタス半島。「マゴニア伝承」にその名を記す「八英雄」が生きる時代。ベルナデッタは秘めた決意と共に時を遡り、様々な奇縁と交わっていく。
未来の物語(サーガ)を零(ゼロ)へと還す旅が今、始まる――。

<オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-とは>
『オルタンシア・サーガ -蒼の騎士団-』は、「オルタンシア王国」と「カメリア国」との戦乱の中で、様々な運命に翻弄される騎士達のストーリーが描かれた、歴史を紐解く戦記RPGです。プレイヤーはオルタンシア王国の若き領主となり、戦乱の中の様々な出会いを通して、オルタンシアの隠された真実を明らかにしていきます。多様な視点で描かれる壮大なストーリーはもちろん、画面上のレーンのパネルを奪い合う新感覚のバトルや、騎士達の戦乱を再現した大規模戦闘も楽しめます。
2015年4月22日にサービスを開始して以来、多くの方に楽しんでいただいており、2018年10月には900万ダウンロードを達成しました(日本国内および台湾、香港、マカオ、他地域を含む)。

<オルタンシア・サーガ 概要>
名称:オルタンシア・サーガ
ジャンル:戦記RPG
App Store URL:https://apps.apple.com/jp/app/id969936575
Google Play URL:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.sega.hortensia_saga
配信開始:iOS/Android配信中
価格:基本無料(アイテム課金あり)
メーカー:セガゲームス
著作権表記:(C)SEGA / f4samurai
公式サイト:http://horsaga.sega-net.com/
公式Twitter:https://twitter.com/Hortensia_PR
アカウント名:@Hortensia_PR

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る