SEARCH
ウィンターブーツブランド「ソレル」に初のサンダルが登場

ウィンターブーツブランド「SOREL(ソレル)」は、春夏シーズンに向けて初のサンダルを発売する。

機能性とファッション性を兼ね備えたカナダ生まれのフットウェアブランド「SOREL」。伊勢丹新宿店では、夏の湖畔で過ごすバケーションをイメージして制作された同ブランド初のサンダル「Lake Boot(レイクブーツ)」(1万9950円)を4月中旬より限定販売する。

「Lake Boot」は、「SOREL」の代表的モデルである「Tivoli(ティボリ)」にインスパイアされ、“夏に履くブーツ”をコンセプトにリデザインしたブーツ風サンダル。網目模様にカットされた足首まであるアッパーとシューレースが脚のラインをキレイに見せ、レザーフットベッドは履いていくうちに足の形に馴染むため、より快適な履き心地となる。また、耐久性にも優れたラバーのアウトソールが足への負担を減らす。

「Lake Boot」の他にも、「SOREL Summer Boot(ソレルサマーブーツ)」(2万3100円)、「Lake Shoe(レイクシュー)」(1万6800円)の2アイテムも伊勢丹新宿店限定で順次発売する。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable