SEARCH
オフィスの机に常備も◎!心もほっこりする温か食べ物3選

冷たい風が身体を芯から冷やしてしまう今の季節。外出から戻った時、温かい飲み物だけでなく、ちょっとだけお腹にたまる温かい食べ物を食べると、身体だけでなく心も温まるのでは?“今年一番の寒さ”という言葉を毎日のように聞く今日この頃、“外は寒くても心は温かい私”を目指そう。新商品の“心がほっこりするあったか食べ物”を3つまとめて紹介!


1.「食べる豆乳具が入った甘酒 カップ」
まずは、身体が芯から温まる甘酒をチェック。健康、美容素材として人気の高い“甘酒”と“豆乳具”を一緒に摂ることができる、カップ入りの温かいスイーツだ。「豆乳具」とは、豆乳を使用し、濃厚な味わいと、ねっとりなめらかな食感が特徴の、甘酒との相性抜群の具材。やさしい味わいで程よい食べ応えがある一品だ。「豆乳具」を好みの大きさにくずしながら混ぜ合わせるので、甘酒が苦手な人にも食べやすく、甘酒好きの人にも満足できる味になっている。全国のコンビニエンスストアで発売中。価格は200円(税抜)。


2.「7種の野菜を食べる、ほうれん草のスープ」
身体を温めつつ野菜を食べたい人には、コレ。野菜を食べたいというニーズの中でも、「多品種の野菜を食べたい」という声に応えたカップスープで、具材には、7種類の野菜(キャベツ、ほうれん草、コーン、にんじん、さやいんげん、枝豆、玉ねぎ)を使用している。ザクザクとした食感で、“食べている感”を味わうことができるのもウレシイ限り。値段は160円(税抜)で、カロリーは控えめな105kcal!コンビニエンスストアで発売中。


3.「スープはるさめ 博多水たき風ゆず胡椒仕立て」
最後は、女性に大人気の「スープはるさめ」の冬限定鍋メニューを紹介。旨みの強い博多地鶏だしスープにゆず胡椒の爽やかな風味と辛さがアクセントとなり、本格的な水たきらしい仕上がりになっている。鍋の臨場感を演出する野菜がたっぷり入っているのも高ポイント。全国のスーパー・コンビニエンスストアなどにて発売中。150円(税抜)。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable