流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

MONO

今話題の“ドラフトコーヒー”が自宅で簡単に楽しめるアイテム!

このエントリーをはてなブックマークに追加


最近、アイスコーヒーの上にきめ細かいクレマ(泡)がのった“ドラフトコーヒー”が、その見た目や味わいから新たなコーヒーのトレンドとして話題となっている。そんな“ドラフトコーヒー”を家庭でも手軽に楽しめる商品がネスレから発売!

「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」は、ハンディタイプのアイスコーヒーサーバー。2017年に発売し好評だった商品に今回、電池で動くハンディタイプが登場。冷却した「ネスカフェ ボトルコーヒー」にハンディサーバーを取り付けるだけで、家庭だけでなく屋外などでも“アイスクレマコーヒー”を手軽に楽しめる。


ハンディサーバーの取り付け・取り外し方法はシンプルで、手入れも簡単。アイスコーヒーとクレマ(泡)をスイッチで簡単に切り替えて注ぐことができるので、アイスコーヒーとクレマ(泡)の量を好みで調整可能。ハンドルのみを外せば、ハンディサーバーが装着されたボトルコーヒーをそのまま冷蔵庫に保管もできる。

「ネスカフェ ゴールドブレンド ハンディ アイスクレマサーバー」は価格3480円(税抜)。4月1日(日)より、全国にて発売。きめ細かいクレマ(泡)でコーヒーの香りを閉じ込めた、まろやかな口当たりを楽しんで。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事