SEARCH
新たな水景!すみだ水族館で「waterscape 水の中の風景」開催


東京・すみだ水族館で、「waterscape 水の中の風景」が4月27日(金)~7月8日(日)の期間開催される。

「waterscape 水の中の風景」は、すみだ水族館と日本デザインセンター三澤デザイン研究室が新しい“水の中の風景”を設計した企画展。水の中で暮らす生き物たちが本来持っている習性や自然界でよく見せる行動を元に設計された構造物を配置し、生態本来のさまざまな暮らしのシーンを引き出すことに挑戦した。水中の景観を新たな視点で体感できる、これまでとは異なる8つの水槽が展示される。

いくつかの例を見てみよう。


こちらは、水中を縦横無尽に泳いで水草を食べる習性を持つ魚(プラティ)の水槽。水槽の中には空気の入ったガラス製の球体が浮かんでいる。球体の中は温度変化の少ない温室となって水草が育つため、魚が球体の下の開口から自由に球体の中へ出入りして水草をつつく姿が観察できるようになっている。


こちらは、カメ(カブトニオイガメ)の水槽。時々水面に顔を出して息継ぎをするため、いくつもの浮き島が縦に連なった構造物が浮かび、水中の島を足場にカメが息継ぎをしたり、島に上がって甲羅干しをする様子などが観察できる。

魚たちが心地よく日常を過ごせるように、そしてその風景を私たちが見ることができるように作られた水槽。水族館の新しい楽しみ方ができるのではないだろうか。

rss follow us on twitter
access ranking
  • daily
  • weekly
  • monthly
fb_trend
  • Techable