流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

「福岡国際映画祭2018」開催!行定勲監督の熊本支援作品も上映

このエントリーをはてなブックマークに追加


「アジアフォーカス・福岡国際映画祭2018」が9月14日(金)~23日(日)に開催される。

会場はユナイテッド・シネマ キャナルシティ13(キャナルシティ博多内)。

公式招待作品のほか、「聖なるカオスに魅せられて」をテーマに特集上映する「フィリピン映画特集」を開催。また「壊れものとしての家族」をテーマにした「日本映画特集」も上映決定。その他、地元若手映像作家の特集「福岡パノラマ」など様々な作品が上映される。

期間中は各国から監督・俳優らが来福し、舞台挨拶・シンポジウムなども行うという。

また本映画祭では、日本の観測史上はじめて震度7の地震を2回記録し被災した熊本の復興を支援するべく、2016年から「熊本地震復興支援特別上映」を実施している。


3回目となる今年は、行定勲監督による中編映画「いっちょんすかん(39分)」を上映。

「いっちょんすかん」は、2016年に熊本の地域創生を目的とした「くまもと映画プロジェクト」で行定勲監督が手掛けた中編映画「うつくしいひと」のスピンオフ作品。熊本を舞台に、2度の大地震に襲われた当夜の様子を恋愛事情を中心にコミカルに描く、笑えて、泣けて、心温まる作品に仕上がっている。

主人公を米村亮太朗、主人公の恋人役に倉科カナ、おなじみの探偵役に高良健吾、特別出演で大地康雄、そして斎藤工が友情出演する。

「いっちょすかん」は9月15日(土)13:00開映。上映後には行定勲監督への質疑応答が行われる予定。※映画祭のチケットで鑑賞可能

映画好きをはじめ、行定監督ファン必見のイベントである。

■「キャナルシティ博多」
住所:福岡県福岡市博多区住吉1丁目2

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事