流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

3日間限定!都会の真ん中で“日本の食”を楽しめるイベントが開催

このエントリーをはてなブックマークに追加

この秋、大人も子どもも楽しめる「日本の食」が体験できる3日間限定のテーマパークが東京・虎ノ門に出現する。

10月11日(木)~13日(土)で、農家・漁師・酪農家など食の作り手の素晴らしさを国内外に発信し、作り手への感謝と尊敬の気持ちを形にして伝える大収穫祭「東京ハーヴェスト」が虎ノ門ヒルズや新虎通りで開催される。


2013年にスタートしたこのイベントは今年で6回目を迎える。来場者は年々増加し、昨年は2日間で4万人が訪れるほどに。

今年のテーマは「日本らしさを称えよう」。生産者や料理人が日々食材と向き合い、手間暇をかけていることや、細部にわたって創意工夫を行っていることを“日本らしさ”ととらえ、それを称えて発信していく。来場者には、ここでしかできない「日本の食をつくる」貴重な体験を通じて作り手への感謝の気持ちやリスペクトを感じてほしい、という試みだ。


内容は、秋の味覚や旬を味わえる屋台、生産者のこだわりが伝わる食材を販売するマルシェ、発酵・醸造などのうまみが堪能できるキッチンカー、伝統の手業を体験できるワークショップなど、ここでしか得られない「体験」「参加」型コンテンツが多数用意されている。


大手食品メーカーや、沖縄・岐阜・長崎などといった自治体などが参加するこのイベント。秋は東京の真ん中で“大収穫祭”を祝ってみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事