流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

東京23区内唯一の酒蔵が作る甘酒を使った首都圏限定ポッキー

このエントリーをはてなブックマークに追加


旅行に行くとついつい買ってしまいたくなる“ご当地限定版”の地元ポッキー。その「東京」版が2月5日(火)、首都圏限定で発売される。


東京の地元ポッキーの名前は「ポッキー東京あまざけ」。東京23区内で唯一の酒蔵「東京港醸造」が製造する甘酒を使用している。

米麹(こうじ)を原料とした東京港醸造の「東京あまざけ」に酒粕を加えた、芳醇な香りが漂う贅沢な味わいのポッキーで、食べると口の中ですっきりとした旨みと甘さが広がっていく。


「東京港醸造」は前身が幕末に栄えるも、明治維新の時代に廃業してから百年の時を経て、2011年、東京・港区に復活した酒蔵。麹製造からお酒が完成するまでの全ての工程を敷地22坪・地上4階建てビルの中で行い、水は東京の水道水を利用するという都会ならではの酒造りを行っている。

東京の水道水は、高度浄水処理の導入や、国が定めた水質基準より高いレベルの「おいしさに関する水質目標」を独自に設定することで世界に誇る品質となっており、おいしいお酒づくりに適しているとか。また近年、甘酒は栄養価の高さから“飲む点滴”といわれ、健康や美容に良い飲み物として、日本だけでなく世界中で健康志向の高い人を中心に人気が高まっている。


パッケージは通常版と、外国人観光客向けの2種類。どちらも通常のポッキーよりかなり大きなサイズのポッキーが1本ずつの個包装で15袋入っているので、お土産として配るのにもぴったり!

販売は、国際線発着空港と、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の駅、空港、大型小売店のお土産コーナー、高速道路サービスエリアなどにて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事