流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

イデーショップにメキシコのテキスタイルとクラフトが大集合

このエントリーをはてなブックマークに追加


多くの人を魅了するメキシコのテキスタイルやクラフトなどの手仕事品400点が集まる展示会が、イデーショップ自由が丘店・梅田店にて3月1日(金)~4月1日(月)の期間に開催される。

メキシコの4つの州で買い付けた商品が一堂に集まる「Color of Mexico メキシコのテキスタイルとクラフト」に登場するのは、ラグやクッション、マルチカバーなどのテキスタイルやクラフト。

伝統的な色や柄が表現されているものや、素晴らしい刺繍が施されているものも多く、その多様性と芸術性の高さには目を見張るものがある。


サポテカ族が作る「サポテック ラグ」は、羊毛を紡ぐところからはじまり、天然染めと手織りで丁寧に作られている。表情豊かで風合いも良く、敷物としてだけでなくタペストリーとして壁に飾っても楽しめる。


標高約2000mの山間部にあるサン・アンドレアス・ララインサールで織られる「チアパス刺繍のテキスタイル」は、ひし形のような模様が特徴で、柄の多くが水・雨・土・生き物など自然がモチーフとなっている。


イダルゴ州テナンゴ地方に住むオトミの女性たちによる色鮮やかな「オトミ刺繍」は、植物や動物、神話に登場する生き物のモチーフをカラフルな糸で表現。代々伝わる刺繍の技術を活かして作られている。


有害な物質を除いたプラスチックで編まれた色とりどりの「メルカドバッグ」は、メキシコで買い物バッグとして愛用されているもの。丈夫なつくりで、バッグとしてだけでなくマガジンラックとしてインテリアを彩ってくれる。


「Color of Mexico メキシコのテキスタイルとクラフト」では、イデーバイヤーの大島忠智氏がメキシコ買い付けの様子を語るトークイベントも開催。入場料は無料で自由が丘店は3月2日(土)11:30~12:30、梅田店では3月9日(土) 13:00~14:00に行われる。

あなたのお部屋を新しい雰囲気にしてくれるメキシコアイテムを探しに、イデーショップ自由が丘店・梅田店へ出かけてみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事