流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

越前和紙を使った和雑貨のお店がイクスピアリに初OPEN!

このエントリーをはてなブックマークに追加


東京ディズニーリゾート内の商業施設「イクスピアリ」に、この春、和雑貨や食品、ギフトを扱うイクスピアリ内唯一の和雑貨ショップ「よろずや 十五夜」がオープン!

「よろずや 十五夜」は、福井県で創業70年以上の老舗印刷会社が、1500年もの歴史を持つ「越前和紙」のよさを国内外に広めたいという想いから誕生した小売り業態で、イクスピアリ店が常設での第一号店となる。


店内には、和紙の最高級とされる福井の「越前和紙」を使用したノートや御朱印帳といった和文具をはじめ、若狭塗りの箸・九谷焼の皿といった食器類、てぬぐいなどの和雑貨が並ぶ。また、生産量全国1位を誇る福井の昆布製品やふりかけ、お茶、だし、菓子など、北陸をはじめ日本各地から厳選したこだわりの食品も取り揃えている。


好みの組み合わせで越前和紙でできた色とりどりのボックスに入れれば、上品なオリジナルギフトが完成。ちょっとしたプレゼントから季節のご挨拶、引き出物など、幅広いシーンで利用できる。

プロジェクションマッピングで十五夜をイメージした月が映しだされる店内には、古民家のような土間があり、どこか懐かしく落ち着いた雰囲気。さらに、和綴じ本作りや、和紙を使った折り紙教室などのワークショップの開催も予定されている。

営業時間は11時~21時(土日祝10時~21時)。若い人から年配の人、海外から来た人など、幅広い人たちに「日本のいいもの」を紹介する「よろずや 十五夜」。春のオープンが楽しみだ。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事