流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

新感覚!歌舞伎×最新テクノロジーの「カブキノヒカリ展」

このエントリーをはてなブックマークに追加


HMV&BOOKS SHIBUYAの6階にある「hmv museum」にて、松竹が主催する最新テクノロジーを用いた体験型展示イベント「カブキノヒカリ展 exhibition: the lighting art of KABUKI」が3月9日(土)~31日(日)に開催される。

この展示イベントは、歌舞伎演目を基に創られた、初のメディアアートによる歌舞伎展。

歌舞伎演目の中でも歴史と人気を誇る「義経千本桜」のストーリーを踏まえ、メディアアーティスト坪倉輝明氏とハローが創り上げた、「歌舞伎」「お花見」「音」の3つの軸によるインタラクティブな体験型エンタテインメントだ。

コンテンツは大きく4つ。


「不可視演舞(フカシエンブ) ~Invisible Performance~」は、灯篭を近づけると、そこには義経との別れを惜しむ静御前が。どこからか義経の家臣である佐藤忠信が現れて物語が始まる。まるで目の前で舞台を見ているような、臨場感ある影の世界へと誘われる。


「光景の奏(コウケイノカナデ) ~The Music of the Scene~」は、歌舞伎に使われている様々な音を、グラフィックなホログラムによるCG演出で新しい体験へと昇華させている。ホログラムで映し出された楽器に触れると、静御前の目の前に不思議な現象が巻き起こる。


「吉野の花道(ヨシノノハナミチ) ~Yoshino’s Path of Flowers~」は、吉野山に広がる桜をイメージした華やかな道中を表現。

「桜の下で舞う(サクラノシタデマウ) ~Dancing beneath the Cherry Trees~」では、スクリーンの前に立つと踊っている登場人物たちと自分がシンクロする。長旅を終え、ついに再会することのできた静御前と義経。両親の魂が宿る鼓を手に入れた狐忠信。満開の桜の中、踊る彼らになりきれる空間もあり、「義経千本桜」の世界を存分に堪能することができる。

また、会場では「かぶきにゃんたろう」や隈取りグッズなどの人気アイテムに加えて、カブキノヒカリ展オリジナルグッズなども販売予定。


営業時間は11時~21時(最終日は17時まで)。入場は閉場の30分前まで受け付けている。入場料は大人800円(大学生以上)、中高生500円(学生証提示)、小学生以下は無料(保護者の同伴が必要)。

歌舞伎好きはもちろん、歌舞伎を見たことのない人も、まずはこのイベントから体験してみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事