流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

パスを繋げて月までの距離を目指せ!くまモンハンド部のプロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加


2019年11月30日(土)から熊本にて開催予定の「2019女子ハンドボール世界選手権大会」に先駆け、“パス回し”の総移動距離で月までの38万4400kmを目指すという壮大なスケールのプロジェクト「PASS TO THE MOON PROJECT」が3月1日(金)よりスタートした。


くまモンハンド部プレゼンツの「PASS TO THE MOON PROJECT」は、世界選手権大会のキャッチフレーズ「Hand in Hand 1つのボールが世界を結ぶ」にちなみ、世界選手権大会PR用に製作したボール(通称:kuma moon ball)を、みんなで“パス回し”して、そのパスの総移動距離を伸ばしていくというもの。


使用するボールにはQRコードが付いていて、パスを受けた人はQRコードを読み込みボールと一緒に記念撮影。サイトにその写真と共にボールの位置がアップされるため、ボールが今どこにあるのかを確認することができる。

参加方法は簡単。ボールを受け取ったら手持ちのスマートフォンでボールのQRコードを読み込んで、表示された画面上で自身の“投稿名”を入力し、ボールと一緒に映った写真を撮影、もしくはすでに撮影済みの写真を選択。“位置情報”の取得を許可するチェックボックスをオンにして投稿し、終了したら次の誰かへパスを回すことで、ボールの移動距離が増えていく。


今回、熊本県八代市出身の歌手・八代亜紀さんや、


元プロ野球選手の松中信彦さん、


天草市出身の放送作家・小山薫堂さんなど豪華メンバーも“パス回し”に参加。世界選手権大会のPRをサポートしている。

国際ハンドボール連盟主催で行われる「2019女子ハンドボール世界選手権大会」には、日本を含め24チームが出場。11月30日(土)~12月15日(日)の間、熊本県内5会場(パークドーム熊本・アクアドームくまもと・熊本県立総合体育館・八代市総合体育館・山鹿市総合体育館)で熱戦が繰り広げられる。

「PASS TO THE MOON PROJECT 公式ホームページ」
( https://kumamonhandball.com/moon/ )

「2019女子ハンドボール世界選手権大会 公式ホームページ」
( https://japanhandball2019.com/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事