流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

コンセプトは“泊まれる茶室”!禅×ミニマリズムホテルOPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加


“泊まれる茶室”がテーマの禅xミニマリズムホテル「ホテル・ゼン・トーキョー(hotel zen tokyo)」が4月上旬に日本橋人形町にグランドオープンする。

「ホテル・ゼン・トーキョー」は、従来のカプセルホテルを新しくした、世界初の“禅×ミニマリズム”ホテル。


各客室は千利休が16世紀後半に生み出した茶室の傑作「待庵」を建築家が21世紀型に再解釈した和モダンな空間。天井高が2メートル以上あり、シモンズ・ベッドを取り入れ、壁には日本画が飾られるなど、ミニマルな空間でありながら上質な和体験を提供する。

全7フロアあるホテル館内にはベッドサイズや部屋の広さに応じて5種類の客室、合計78の客室を用意する。


ホテル館内には合計300平方メートルの共用施設も併設。ビジネスマンが仕事に使えるワークラウンジやソムリエが厳選した日本酒・日本産のリキュールを用いたカクテルが楽しめるバー・ラウンジがあり、ゲストが部屋以外での時間も存分にくつろげる設計になっている。


また、ゲストが館内で羽織るホテルのオリジナル・ルームウェアは、SOMA DESIGNクリエイティブディレクター・デザイナーである廣川玉枝氏がデザイン。着物にインスパイアされたシルエットのルームウェアは、自然の風景を身に纏い、禅の心を引き寄せるデザインとなっている。


ホテルの場所は人形町駅から徒歩1分という好立地。人形町は浅草・銀座・秋葉原などの観光地、東京駅・羽田空港・成田空港へのアクセスも良いことから、観光客とビジネスマン両方の利用を想定している。

客室の宿泊料金は6000円~。

■「ホテル・ゼン・トーキョー (hotel zen tokyo)」
住所:東京都中央区日本橋人形町1-5-8

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事