流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

古典芸能×テクノロジー!新しい“歌舞伎”の世界を満喫

このエントリーをはてなブックマークに追加


演劇や映像作品を中心に日本の伝統文化を伝える「松竹」が主催する体験型展示イベント「カブキノヒカリ展 exhibition: the lighting art of KABUKI」が、3月9日(土)~31日(日)の期間に東京・渋谷のHMV&BOOKS SHIBUYA 6階「hmv museum」にて開催される。


本イベントは、最新テクノロジーを駆使した史上初のメディアアートによる歌舞伎展。会場では歌舞伎演目の中でも人気の高い「義経千本桜」のストーリーをテーマに、「鳥居前」「道行初音旅」「川連法眼館」の三幕をイメージした空間が広がる。


ホログラムで映し出された楽器に触れると、静御前の目の前に不思議な現象が巻き起こる「光景の奏 ~The Music of the Scene~」や、


スクリーンの前に立つと、踊っている登場人物と自分自身がシンクロする「桜の下で舞う ~Dancing beneath the Cherry Trees~」など、歌舞伎の世界に没入できる仕掛けが盛りだくさん。

入場料は大人(大学生以上)800円、中高生500円、小学生以下は無料となっている。

古典芸能×テクノロジーが魅せる、新たなエンターテインメントの世界を堪能してみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事