流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

東京トップバー252種類のカクテルを体験!10日間限定イベント

このエントリーをはてなブックマークに追加

今年3回目を迎えるカクテルの祭典「TOKYO COCKTAIL 7 DAYS 2019 (東京カクテル7デイズ 2019)」が、4月20日(土)~29日(月・祝)の10日間、東京・青山の国連大学中庭広場をメイン会場に開催される。

今年のテーマは“ジャポニカ”。渋谷・恵比寿・新宿などを中心とした全63店舗のバーやホテル・レストランバーが、日本の素材や要素を取り入れたオリジナルカクテルを店舗ごとに創作し、その数は合計252種類。

メイン会場「Village」は4月20日(土)と21日(日)の2日間限定でオープン。東京・青山の国連大学中庭広場でファーマーズマーケットと共同開催のもと、過去最多の9ブランドがポップアップバーを展開する。

期間を通して使える「カクテルパスポート」前売り3800円(税込)・当日券4500円(税込)の事前購入者は、「Village」で提供する旬のカクテルが無料、特別講師による酒のセミナーへの参加無料などの特典がある。

さらに、今回参加している60以上のバーで提供されるスペシャルカクテルを特別価格1杯1000円(税・サ料別)で楽しめたり、特別カクテル1杯の無料クーポンもついているなど、特典が盛りだくさん。

「カクテルパスポート」を片手に気軽にバーホッピングをして、“ジャポニカ”カクテルを楽しもう!

■「国連大学中庭広場」
住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事