流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

和・洋・中を楽しめる「料理長フェア」が広島で開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


空と海に囲まれたアイランドリゾート「グランドプリンスホテル広島」のレストラン「ステーキ&シーフード ボストン」にて、6月22日(土)・23日(日)の2日間限定で、広島地酒と美食の饗宴「料理長フェア」が開催される。


「料理長フェア」2万5000円/2人(税・サ料込)で腕を振るうのは、多くの国賓やVIPを担当した「グランドプリンスホテル広島」総料理長の石田敏晴をはじめ、西洋料理・中華料理・日本料理・製菓担当の各料理長。2日間限定のスペシャルディナーとともに、広島の地酒を楽しむことができる。

メニューは、西洋料理の「瀬戸内海産鯛のタルタルと広島サーモンのマリネ キャビア飾り赤じそスプラウトを添えて 広島産みかんのエスプーマソース」から始まり、日本料理の「鴨肉の西京漬けと焼目大根を朴葉に包んで 白瓜の酢漬を添えて」、中国料理の「冬瓜の器で蒸しあげた山海の珍味とフカヒレ入り蒸しスープ」などへ続く。

その他、お口直し・肉料理・食事と、和・洋・中すべての味をまんべんなく味わえるメニューとなっている。

料理長たちがふるまうスペシャルディナーを、思う存分楽しんで。

■「グランドプリンスホテル広島」
住所:広島市南区元宇品町23-1

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事