流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

和歌山串本の古民家リノベーションホテルで贅沢な時間を

このエントリーをはてなブックマークに追加


地域創生を目的とした官民連携のプロジェクトとして、7月1日(月)、和歌⼭県串本町に「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道(ニッポニア ホテル くしもと くまのかいどう)」がオープンした。


太平洋に突き出すように位置する海街・和歌山県串本町は、本州最南端の歴史的町並みが残る街。

ここに誕生した「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」は、歴史ある築150年の古民家を改修しレストランやカフェを併設した宿泊施設で、街に点在する空き家となっている古民家にコンセプトを吹き込んでリノベーションし、客室に蘇らせた。オープンは2棟3室で、今後は3年ほどで10棟15室の開発を目指している。


ここでは、街全体がホテルとなり、泊まって過ごすこと自体が目的になるハイドネーションな旅が体験できる。

「ハイドネーション」とは、「ハイダウェイ(隠れ家)」と「デスティネーション(旅行目的地)」を組み合わせた造語で、「ハイ(高級感)」「ハイド(隠れ家)」「ドネーション(寄付)」「ネーション(国)」などの意味も含んでいる。


1棟目「稲村亭 ~とうそんてい~」は、150年の歴史と150平米の広さを独占できる客室1部屋の贅沢な宿。「101 客室」は、古き良き日本の歴史を感じられる、カジュアルブティックな和洋折衷なインテリアがベース。日本家屋の構造と趣を感じる客室の造りで、広々とした風情ある庭や露天風呂と内風呂の2種のお風呂専用ルームを完備した離れの空間だ。


また、カスタムできる多目的ルーム、地産地消をテーマに串本らしいイノベーティブなイタリアンを提供するレストラン「紀州原始焼 みなも-minamo-」も併設している。


2棟目「園部邸 ~そのべてい~」は、築110年の古民家を改修し、コンセプトが異なる「201 客室」「202 客室」の2部屋と受付を行うレセプションスペース、そしてコミュニティ・コワーキングをコンセプトにしたカフェを併設している。


料金は、「101 客室」が一部屋6~8万円、「201 客室」が一部屋2~4万円、「202 客室」が一部屋4~6万円(宿泊人数様に関わらず一部屋での価格設定)。食事代は別途一人+1万円(1泊2食付き、宿泊時ドリンク代込)となる。

海と太陽に愛される風光明媚な歴史のある街で、“何もしない贅沢”を味わってみては。

■「NIPPONIA HOTEL 串本 熊野海道」
住所:和歌山県東牟婁郡串本町串本879-1

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事