流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

夏の露天風呂“冷やし温泉”でゆったりと効能&景色を満喫!

このエントリーをはてなブックマークに追加

箱根にある「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」では、温泉の効能をしっかり吸収できるように水温を低く設定し、芦ノ湖と富士山の景色をゆっくり眺めながら長い時間温泉を楽しめる露天風呂を、9月1日(日)まで用意している。


「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」の温泉の源泉は、箱根十七湯の中で最も新しい「蛸川温泉」。富士山の見える場所では温泉は涌かないと言われていたことから、“幻の湯”とも呼ばれる。泉質はカルシウム・ナトリウム‐硫酸塩泉の弱アルカリ性(Ph7.7)のため湯ざめしにくく、美肌効果もあり、“四代美人泉質の湯”や“美肌の湯”、“若返りの湯”などとも呼ばれている。


夏の温泉はイメージとして熱いと思われがちだが、水温を低く設定することで時間をかけ入浴ができ、温泉の効能も皮膚に吸収しやすくなるのだという。

また、芦ノ湖と富士山が同時に眺められる絶景をゆっくり楽しめるのもポイント。夕暮れ時は夕焼けと富士山のシルエットも見れるそう。熱い温泉が苦手な人や、外国人観光客にもオススメだ。

料金は、おとな1800円、小学生1000円、3才以上500円(税・入湯税別)。 

「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」は国の登録有形文化財にも登録され、入館するだけでも価値がある建築物。

今年の夏は、箱根の“冷やし温泉”で、ゆったり効能と景色を満喫してみては?

■「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」
住所:神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事