流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

厳かに優美に舞う、佐賀県武雄市の民俗芸能「武雄の荒踊」

このエントリーをはてなブックマークに追加


佐賀県武雄市の民俗芸能「武雄の荒踊(たけおのあらおどり)」が、今年も彼岸の中日の9月23日(月・祝)に、各地区(中野は磐井八幡社、宇土手は正一位神社、高瀬は松尾神社)の氏神社で奉納される。1977年に国の重要無形民俗文化財に指定された、伝統ある踊りを堪能しよう。

「武雄の荒踊」は、約470年前の戦で戦勝を祝して、足軽たちが即興的に踊ったのが始まりと伝えられている。


モッショ(猛将、模師匠)とカキ(垣)と呼ばれる踊り手と、笛・鉦・モリャーシ(締太鼓)・大太鼓の囃子方および謡い手から構成されている荒踊は、モッショが踊り手の中心、指揮者となり、カキがその周りに円陣をつくって、唄にあわせて力強く軽快に踊る。


踊りの流れは2系統あり、宇土手・高瀬地区のものは素朴で武道の型を思わせるように力強く、中野地区のものは優美で手の振りに特色がある。


「中野の荒踊」は磐井八幡社にて10時30分から、「宇土手の荒踊」は正一位神社にて14時から、「高瀬の荒踊」は松尾神社で14時から開催される。

厳かに優美に舞う「武雄の荒踊」を、この機会に体感してみてはいかがだろう。

■「磐井八幡社」
住所:佐賀県武雄市朝日町大字中野5483

■「正一位神社」
住所:佐賀県武雄市東川登町大字袴野13511

■「松尾神社」
住所:佐賀県武雄市西川登町大字神六23309

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事