流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

LIFESTYLE

駅のホームで本格中華!? 凍える夜もほっこり温まる「旨辛 麻婆スープ」

このエントリーをはてなブックマークに追加


残業終わりの寒い夜、ちょっとした電車の待ち時間に温かいものを飲んでほっこりしたい、というシーンは多くあるもの。そんな時にぴったりのスープ「旨辛 麻婆スープ」が12月3日(火)に発売される。

JR東日本のエキナカ自販機で買える本格中華スープ!?

「旨辛 麻婆スープ」は、チキン、ポークをベースに醤を加え、花椒と唐辛子で辛みを出し、大豆そぼろを加えて本格的な味わいを実現した新商品。昨年発売されて当初の想定を大きく上回るスピードで完売となった「気仙沼産ふかひれ使用 ふかひれスープ」に続き、これからの冷え込む季節にぴったりのスープだ。

同商品は永谷園が開発パートナーとして協力しており、工場では、まるで中華料理屋の厨房のように、ごま油や豆板醤などの香りが漂う中での製造で、“本当に自販機で販売する飲料を作っているのだろうかと戸惑うほどだった”と開発担当者は話す。

そのまま飲むだけでなく、家に持ち帰って、ご飯や麺にかけても美味しく楽しめるようなのでぜひ試してみて。

価格は140円(税込)で、JR 東日本のエキナカにあるacure(アキュア)の自販機で購入が可能。駅のホームで寒さをしのいだり、帰宅まで小腹を満たしたりするときに飲むもよし、寒空でのスポーツ観戦時などの差し入れとしてもよろこばれそう。

寒さが厳しくなるこれからの季節、駅のホームで本格的な中華を楽しんでいるような気分になれる「旨辛 麻婆スープ」を手に取ってみてはいかが?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事