流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

宮崎県の魅力発見!26の蔵元が集結する「焼酎」のスペシャルイベントが開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


強いアルコールと芳醇な香りが特徴の「焼酎」。ストレート、オンザロック、お湯割り・水割りなど、楽しみ方はさまざまだ。

そんな「焼酎」の魅力を存分に味わえるイベント「焼酎ノンジョルノ青山 2020」が、2月22日(土)、青山「Farmer‘s Market@UNU」内にて開催される。

日本ならではの蒸留酒

日本酒同様に麹を使う「焼酎」は、世界でもあまり類をみない日本ならではの蒸留酒。蒸留酒でありながら20度や25度で飲まれ、食中酒としても親しまれている。

他の蒸留酒とは異なり新酒でもその味わいを楽しむことができる「焼酎」は、“奇跡に近いテクノロジー”とも言われ、世界的に人気が高まっている。

宮崎県の食と文化に触れる


「焼酎ノンジョルノ青山 2020」には、「焼酎」の作り手である宮崎県内26の蔵元が出店する。5年連続出荷量日本一に輝いた、宮崎県の本格焼酎を飲み比べてみよう。

また同イベントでは、畜産王国として知られる都城市の「都城産宮崎牛」を使ったフードも楽しめるほか、都城在来大豆の「みやだいず」を使った味噌づくり、神楽が奉納される神庭(こうにわ)の四方に飾られる紙飾り「彫り物(えりもの)」づくりを体験できるワークショップなども開催!

さらに会場では、世界農業遺産に認定されている高千穂郷・椎葉山地域の“高千穂神楽”の演舞も披露されるので必見だ。

1年に1度のスペシャルイベント!


「焼酎ノンジョルノ青山 2020」の開催時間は、11:00〜17:00。「おもてなしみやこんじょ」ブースのみ10:00~17:00の開催となっている。

料金は前売券・当日券ともに3000円。ドリンクや一部フードと交換できる「バウチャー」10枚と、「オリジナルグラス」&「宮崎焼酎」のガイドブック「焼酎印帳」が特典として付く。さらに前売り券購入者には、都城産宮崎牛串焼きのサービスも!

なお会場では、「バウチャー」6枚&「オリジナルグラス」or「焼酎印帳」いずれかが特典としてついてくる2000円の当日券と、「バウチャー」3枚で特典なしの1000円の当日券も用意されている。

現在、「チケット販売サイトLivepocket」では前売券を発売中だ。宮崎県の魅力がギュッと詰まった、1年に1度だけのスペシャルイベントをお楽しみあれ!

『「焼酎ノンジョルノ青山 2020」公式ホームページ』
( https://miyazaki-shochu-food.jp )

『「チケット販売サイトLivepocket」公式ホームページ』
( https://t.livepocket.jp/e/miyazakishochu2020 )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事