流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「シナモロール」の新作マンホールも!品川でマンホールまち歩きツアー開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


サンリオの人気キャラクター「シナモロール」が、しながわ観光大使を務めているのをご存じだろうか。

今回、品川区・しながわ観光協会は、しながわ観光大使「シナモロール」のデザインマンホール設置を記念したまち歩きツアー「品川わくわくマンホールめぐり」を、3月7日(土)に開催する。

しながわ観光大使「シナモロール」のデザインマンホール


品川区では、2018年にJR大井町駅前に設置されたデザインマンホールを皮切りに、これまで大井町・武蔵小山・大井ふ頭に4つのデザインマンホールの設置を行い、今年3月までに新たに4つのデザインマンホールを設置予定。

8カ所すべて異なるデザインで、「シナモロール」とそれぞれの設置場所にちなんだイラストが施されている。

「シナモロール」マンホールのマンホールカードも人気


また、ご当地マンホールの鉄蓋を紹介する「しながわ観光大使 シナモロールデザインマンホールカード」も発行・配布。これまでに8000枚を配布し、魅力を発信している。

マンホールカードとは、下水道事業に興味をもってもらうことを目的に、下水道のPR団体「下水道広報プラットホーム」が各自治体と一緒に発行するコレクションカードのこと。累計発行枚数は430万枚以上となり、全国に多くのファンを持つ注目アイテムだ。

1日限りの「品川わくわくマンホールめぐり」


街の新たな観光フォトスポットとして注目を集めるデザインマンホールと、熱狂的なファンを持つマンホールカード。

今回の「品川わくわくマンホールめぐり」は、マンホールめぐりを通じて品川区の魅力に触れてもらい、デザインマンホールをきっかけに下水道の大切さを知ってもらえるように企画された。

注目の内容は?

ツアーは、りんかい線天王洲アイル駅~天王洲公園~品川宿交流館~品川橋~品川区道路課倉庫をめぐる歩行距離約2kmのコース。

楽しみながらマンホールと道路に詳しくなれる早春のウォーキングツアーとなっており、マンホール設置シーンを生見学できるほか、通常関係者以外は入れない「道路課倉庫」の見学や新作デザインマンホールの先行公開、さらに、旧東海道をはじめコース上に潜む道路のヒミツに迫るちょっとマニアックな土木トークを品川区防災まちづくり部道路課課長から聞くことができる。

嬉しい特典も!

また、特典として、「しながわ観光大使 シナモロール デザインマンホールカード」「しながわ観光協会オリジナルグッズ」のプレゼントも!マンホールマニアや「シナモロール」ファンには特に嬉しい内容となっている。


「品川わくわくマンホールめぐり」は無料で、抽選で20名が参加できる。申し込みは2月20日(木)まで「しながわ観光協会WEBサイト」または往復ハガキにて受け付け中。なお、参加条件は小学生以上で、小学生は保護者の同伴が必要だ。

『しながわ観光協会公式WEBサイト』 ( https://shinagawa-kanko.or.jp/ )

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事