流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「肉じゃが」を食べて社会貢献!世界の緑を増やす「東郷肉じゃがチャリティー」開催

このエントリーをはてなブックマークに追加


40年以上の歴史がある結婚式場「原宿 東郷記念館」。同式場は、若者の街・原宿駅から徒歩5分という都心にも関わらず、1万坪の東郷の杜の緑に囲まれた大人でもゆったりと寛げる場となっている。

そんな「原宿 東郷記念館」で、2月11日(火)、今年で6年目となるチャリティーイベント「東郷肉じゃがチャリティー」が開催される。

「肉じゃが」の売り上げを全額寄付!


「原宿 東郷記念館」が、森づくりや自然教育を主な活動としている「NPO法人地球の緑を育てる会」に協賛し、併設する東郷神社に祀られている東郷平八郎ゆかりの「肉じゃが」1050円の売り上げを全額寄付する「東郷肉じゃがチャリティー」。寄付金は、世界・日本の森林や、東郷神社敷地内への植樹に使われる。

「肉じゃが」は、東郷平八郎が留学先のイギリスで食べたビーフシチューの味が忘れられず、帰国後に海上食として料理長に作らせたのが始まりと言われている。当時のレシピを再現した「東郷肉じゃが」を、この機会に楽しもう。

“緑のインフラ”を推進


「NPO法人地球の緑を育てる会」では、様々な場面の植樹を通して「グリーンインフラストラクチャー」を推進する活動を行なっている。

「グリーンインフラストラクチャー」とは、自然の防災や水質浄化のはたらきを活用した土地利用のこと。この「グリーンインフラストラクチャー」を人工的なインフラの代替手段や補足手段として用いることで、地域社会にはさまざまな生態系サービスと利益がもたらされる。

そんな人々の健康にも大きく関わってくる“緑のインフラ”を広める「NPO法人地球の緑を育てる会」を「原宿 東郷記念館」が支援していることが、「東郷肉じゃがチャリティー」の開催につながっている。

「肉じゃが」を食べて社会貢献!


また、会場で105円のドリンクを注文すると、「原宿 東郷記念館」との“ご縁”への感謝を表す“五円玉と結紐”の「ご縁結び」がもらえる。イベントの後は東郷神社に立ち寄り、境内にある「ご縁結び」を使った良縁を祈願する組み紐で、ご縁を紡いでみては。

「東郷肉じゃがチャリティー」の開催時間は、11:00~15:00。予約不要なので、誰でも気軽に立ち寄ることができる。

イベントでおいしい「肉じゃが」を食べることが、植樹活動の支援につながる。世界の緑を増やし、次世代の子供たちへかけがえのない地球資源を引き継ぐための一歩として、ぜひ参加してみてほしい。

■「原宿 東郷記念館」
住所:東京都渋谷区神宮前1-5-3
URL:https://togojinja.or.jp/

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事