流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

「銀座 蔦屋書店」限定“江戸色インク”に春を感じる和菓子カラーが新登場!

このエントリーをはてなブックマークに追加


「銀座 蔦屋書店」限定のオリジナルインクシリーズ『江戸色インク』にニューカラーが新登場!甘く可愛いお菓子色の「江戸色インク<江戸の和菓子色>」が5月1日(金)より発売される。

自宅にいながら“アートのある暮らし”を


新型コロナウィルス感染症対策で、現在臨時休店している「銀座 蔦屋書店」。自宅から出ることが難しくなり、暮らしが一変した今だからこそ“自宅で楽しく過ごしてほしい”との思いから、同店ではオンラインストアを通して“アートのある暮らし”を提案している。

キュートな和菓子カラーが登場

『江戸色インク』シリーズは、江戸時代に花開いた、さまざまな文化をインクで表現しているのが魅力だ。

今回、同シリーズ第4弾として、京都の文具・雑貨メーカー「Tag Stationery」とコラボレーションし、“江戸の和菓子色”をコンセプトにした可愛いニューカラーが登場!


「江戸色インク<江戸の和菓子色>」のラインアップは、全3色。伝統的で可愛らしいお菓子である“金平糖”の透明感を表現した「江戸の和菓子色 金平糖(こんぺいとう)」40ml/2000円(税別)、


“落雁”焼きの色をイメージした「江戸の和菓子色 小豆粉落雁(あずきこらくがん)」40ml/2000円(税別)、


「江戸の和菓子色 扇落雁(おうぎらくがん)」40ml/2000円(税別)だ。


いずれも濃淡のある鮮やかな色彩が特徴で、江戸の情趣を感じる素敵なインクばかり!春らしいカラーのインクで、手紙や絵を書けば、華やかな気持ちになれそう。

「江戸色インク<江戸の和菓子色>」は、現在「T-SITE SHOPPING」「ヤフーショッピング」などのオンラインストアで予約受付中!

「銀座 蔦屋書店」限定の、江戸の“和菓子色”のインクで、おうち時間を楽しんでみてはいかが?

■「銀座 蔦屋書店」
住所:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6F
※2020年4月8日より新型コロナウィルス感染症対策で当面の間休店中

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事