流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

PRESENTED BY MashMedia

ENTAME

何が届くかな?ワクワクするサブスクモールに“あめ細工”ショップがOPEN

このエントリーをはてなブックマークに追加


現代経営技術研究所が運営するサブスクリプション形式(月額制)のオンライン・ショッピングモール『subsc』に「あめ細工吉原」が新規オープンした。

日本初の飴細工常設店舗「あめ細工吉原」


「あめ細工吉原」は、2008年に日本初となる飴細工の常設店舗をオープンした飴細工専門店。文京区に店舗を構え、伝統を守り、かつ時代にあった新しい飴細工の提案をおこなっている。同店の店主・吉原孝洋氏は、伝統的な飴細工に今を感じさせるデザインを取り入れ、「懐かしさ」を感じさせながらも新しさがある、オリジナリティ豊かな飴細工師だ。

熱して柔らかく溶けた飴を小鍋から取り出し、それが冷えて固まるまでの約3分間のうちに、手や握り鋏(ばさみ)を使って棒の上にさまざまな動物や植物の形を作りあげる飴細工。そんな飴細工の魅力を全世界に広めるため、吉原氏は全国津々浦々でその技を披露している。

厳選アイテムが届くサブスク専門ショップ


今回、「あめ細工吉原」が新規オープンした『subsc』は、全国の注目ショップが厳選したアイテムを毎月1回定額で届ける「サブスクリプションボックス/定期便」専門のオンラインショッピングモール。何が届くか、毎月ワクワクする気持ちを楽しめるのが魅力だ。

利用者はいつでも継続購入を停止・解約することができるほか、1回利用しての解約や、スキップ(1回休み)も可能で、気軽に申し込める仕組みがうれしい。

日本の伝統芸・飴細工が毎月1本届く


「あめ細工吉原」では、『subsc』をつうじて、四季折々のラインナップで職人が丹念に仕上げた動物や花のモチーフを、毎月1本届ける。

手元に届いた飴がどのように作られたのか見られる「実演メイキング動画」付きで届くため、飴細工の醍醐味であるテンポの良い制作工程を楽しめるのも魅力だ。

また、初回注文時には飴を飾るための専用スタンドが付いてくるので、しばらくはインテリアとして飾ることもでき、「見て楽しい、飾って賑やか、おいしい飴細工」を愉しむことができる。

「あめ細工吉原」の『subsc』定期便価格は月額2900円(税・送料込)から。

四季折々の変化や、飴細工師が目の前で飴を作っているかのようなワクワクを楽しもう。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事
#