流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「冨嶽三十六景」が米菓に!葛飾北斎生誕260周年を記念した“浮世絵あられ”

このエントリーをはてなブックマークに追加


米菓を製造・販売する「東あられ本鋪」が、葛飾北斎の代表作「冨嶽三十六景」をあられにプリントした新商品「冨嶽三十六景 撰 北斎一福」を5月28日(木)より発売する。

“見て・開けて・食べて”楽しめるあられ

今回登場の「冨嶽三十六景 撰 北斎一福」は、北斎生誕の街に本店のある「東あられ本鋪」が、北斎が2020年に生誕260周年を迎えるのを記念して作成した“見て・開けて・食べて”楽しめるあられだ。

「冨嶽三十六景」の人気絵柄3種が描かれているパッケージを“見る楽しみ”、あられにパッケージ絵柄が鮮やかにプリントされているという“開けた時の楽しみ”、原料にこだわったバラエティ豊かな7種類の味を“食べる楽しみ”の“3楽”が盛り込まれたあられは、贈り物にもぴったり!

3種類のラインナップ

「冨嶽三十六景 撰 北斎一福」のラインナップは、<巾着袋入り>2種類と<箱入り>1種類の合計3種類を用意。


「冨嶽三十六景 撰 北斎一福巾着袋 赤富士/両国橋」と、


「冨嶽三十六景 撰 北斎一福巾着袋 浪裏/両国橋」各1150円(税抜)は、赤富士×2袋・浪裏×2袋・両国橋×2袋の合計6袋入り。


1袋に7種類の味わいのあられ・せんべいと絵柄がプリントされたあられ1枚が入っている。


「冨嶽三十六景 撰 北斎一福」4500円(税抜)は、赤富士×12袋・浪裏×12袋・両国橋×12袋の合計36袋の詰め合わせ。


落ち着いた趣きの箱を開けると目に飛び込んでくる北斎の絵柄の鮮やかさが美しい。

こだわりのあられにも注目!

「東あられ本鋪」のあられは、原料にもこだわっており、農薬使用回数・化学由来窒素成分量を5割以上減らした山形県認証特別栽培農産物の認証を得たもち米を使用している。環境と身体にやさしい米菓を味わってみて。

パスポートや新紙幣の図柄に採用されてますます注目度が高まる葛飾北斎。生誕260周年を記念する“浮世絵あられ”を食べて、その偉大な功績をあらためて感じてみては?

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事