流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

長焼きにそっくり!「うな次郎」の超リアルなシリーズ品が夏季限定で登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


食品メーカー「一正蒲鉾」の「うな次郎」シリーズに、超リアルな新商品が期間限定で仲間入り!見た目のうなぎらしさをとことん極めた「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」が6月1日(月)より発売中だ。

“うなぎフリー”の「うな次郎」

「うな次郎」は、電子レンジ(500W)で1分あたためるだけでうなぎの蒲焼風を楽しめる、魚のすり身で作った“蒲焼風かまぼこ”。

コクのある味わいや、うなぎのほろっとした食感、皮目の質感にまでこだわって再現しており、5月にはついにうなぎエキスを使用しない“うなぎフリー”にリニューアル!SNSやメディアで“完全体に進化した”と話題になっている商品だ。

超リアル!うなぎの蒲焼を再現


今回発売の「すごーく長いうな次郎 蒲焼風かまぼこ」1枚入/498円(税別)は、うなぎを1匹開いた“長焼き”にそっくりな一品。「うな次郎」と同様“うなぎフリー”で、見た目とボリュームを再現した“うなぎ風”のおいしさを存分に楽しむことができる。

また、表面に照りを付けることで、時間が経っても鮮度感をキープ。タレと山椒付きで、かまぼことは思えない本格的な味わいを堪能しよう。

赤いトレーが目印の商品が再登場!


さらに、7月1日(水)より、赤いトレーに入った「うなる美味しさ うな次郎」2枚入/361円(税別)が夏季限定で再登場!中身がよく見えるパッケージは、思わず手にとりたくなるような仕上がりになっている。

身は、丼ぶりサイズにカットしてあるため使い勝手がよく、そのままごはんに乗せて手軽にうな丼を楽しめるのも嬉しい。こちらもたれと山椒がついている。

今夏の土用の丑の日は、進化した「うな次郎」をみんなで食べて盛り上がろう!

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事