流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

濃厚&リッチ!「スムージー専門店DRINK DRANK」京都初出店

このエントリーをはてなブックマークに追加


スムージーが好きな人に朗報!まるで果物を丸ごとかじっているようなスムージーが味わえる「スムージー専門店DRINK DRANK(ドリンクドランク)」が、7月23日(木)、京都・銀閣寺へと続く参道沿いにオープンする。

専門家が提案する新しい果物の楽しみ方


同店は、21年間で25万杯以上スムージーを作り続けてきたスムージー専門家・平野奈津氏が、新しい果物の楽しみ方を提案する本格スムージー専門店。

「世界に誇る日本の果物にこだわる」「微妙なレシピ調整」「ふんわりなめらか製法」の3つのこだわりで作られたスムージーは、まるで果物を丸かじりしているよう。

京都初出店となる今回、21年間追求してきたスムージーを日本人だけでなく、全世界の人に楽しんでほしいという思いで、この地を選んだという。

入荷する果物によって変わるラインアップ

季節により入荷する果物が変わるため、いつ来店しても新しいスムージーを味わえるのも同店の特長。


今の時期だと、和歌山県のレモンが丸ごと2個入った、爽やかな酸味が特徴の<和歌山 レモン 紀州田村レモン>630円(税抜)や、


甘みと酸味のバランスがよく、香り・色・艶・水分量が一番で、これしか使わないと決めているという「奈良 古都華」を使った<奈良 いちご 古都華>700円(税抜)、


「こんな組み合わせは見つけられない」と評判の、とうがらしのピリリとくる辛味、パインの南国フルーツ特有の刺激が組み合わさった不思議な味<京都 伏見甘長とうがらし&パイナップル>600円(税抜)などが楽しめる。

これら以外にも、店頭には多彩なメニューがラインアップしているのでぜひチェックしてみよう。

オープンエアで開放的な店内は、常に爽やかな果物の香りでいっぱい。テイクアウト専門だが、ちょっと座れるスペースとスタンディングテーブルがあるほか、気候がいいときは店頭のテラス席でスムージーを楽しむことも可能だ。

これまで飲んだことのないテイストが楽しめそうな同店。銀閣寺周辺を訪れた際にはぜひ立ち寄ってみてはいかが。

■「スムージー専門店DRINK DRANK 京都 銀閣寺店」
住所:京都府京都市左京区銀閣寺56-2

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事