流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

関西土産に!ラングドシャクッキー×どらやきのハイブリッドスイーツが登場

このエントリーをはてなブックマークに追加


2006年10月に京都市寺町にオープンした、どらやき専門店「京菓子処洛心館(きょうがしどころ らくしんかん)」。2018年12月より「ジェイアール京都伊勢丹店」に移転して以来、京都駅直結ということもあり関西土産として多くの人から親しまれている。

そんな「京菓子処 洛心館」より、洋菓子のラングドシャクッキーと和菓子のどらやきを組み合わせた、ハイブリッドな関西土産が登場!

新商品「ラングどら」が、京都駅新幹線構内「グランドキヨスク京都店」にて8月1日(土)〜31日(月)に期間限定販売され、8月5日(水)より伊丹空港 北ターミナル2階出発ゲート内「ITAMI Marché BLUE SKY」にて常設販売が開始される。

開発の経緯

「ジェイアール京都伊勢丹店」では、クリームを使った「生どら」が大好評!その一方で、“日持ちが短くお土産としては持ち帰りしにくい”との声もあったという。


そんな声を受け、日持ちが長く、他にないどらやきを作りたいという想いから開発がスタート。この度、新たな“駅・空港専用お土産スイーツ”として「ラングどら」が誕生した。

和を感じるハイブリッドスイーツ


「ラングどら」は、ラングドシャクッキー生地からふわっと広がるバターの香りと、自家製餡の風味のバランスにこだわって作られた和スイーツ。


通常のラングドシャクッキー生地より少し厚めの生地で餡を挟むことで、サクッとしているのにしっとりした新食感を実現した。


生地のフレーバーは<小豆><ほうじ茶><宇治抹茶>の3種がラインアップ。洋の素材を使いながらも、どらやき専門店ならではの和テイストを感じられるハイブリッドスイーツを心ゆくまで堪能しよう。


「ラングどら」の価格は、3種いずれも5個入/918円・8個入/1404円・16個入/2808円(すべて税込)となる。

ラングドシャクッキー×どらやきの新スイーツをいち早く味わってみてはいかが?

■「グランドキヨスク京都店」
住所:京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 京都駅新幹線構内

■「ITAMI Marché BLUE SKY」
住所:大阪府豊中市蛍池西町3-555 大阪国際空港(伊丹空港) 北ターミナル2階出発ゲート内

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事