流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

まるでシルクのような細やかな食感!蚕を原料に使用したソーセージが発売中

このエントリーをはてなブックマークに追加


昆虫食の魅力を探究するチーム「ANTCICADA(アントシカダ)」と、 広島県のソーセージ専門店「.comm」が、蚕(カイコ)の蛹(さなぎ)を原材料に使用したソーセージを共同開発。「シルクソーセージ」が、「ANTCICADA」オンラインショップ、「ANTCICADA」店舗、「.comm」店舗での販売を8月1日(土)から開始した。

シルクのようにきめ細やかな食感

ナッツのような香ばしさや豆のような甘みを持ち、どこか懐かしい滋味深い味わいが特徴の蚕の蛹。そんな唯一無二の味わいを活かしつつ、濃厚な生クリームや卵白を贅沢に使用して、シルクのようにきめ細やかな食感に仕上げたのが「シルクソーセージ」だ。


見た目は蚕の繭をイメージ。口に含むとジューシーな肉汁とともに、蚕の旨みがじんわり広がっていく。

「シルクソーセージ」開発への想い


日本で古くから行われてきた養蚕業の中で、シルク(絹糸)を取り出した後に残る蛹は、貴重なタンパク源として伝統的に食べられてきた食材。その文化は長野や群馬県などに残っており、現在でもお土産品として販売されているが、近年では残念ながら廃棄されてしまうことも。また、養蚕業の担い手も激減し、養蚕農家さんも新しいあり方を模索しているのだという。

「シルクソーセージ」には、『蚕の食材としての価値を底上げしたい』という思いや、『同商品を通じ、より多くの人に昆虫を身近に楽しめる機会を届けるとともに、蚕の新たな魅力を生み出していけたら』という願いが込められている。

「シルクソーセージ」は、1パック5個入り(150g)で1080円(税込)。使用素材は、豚肉(国産)、生クリーム、卵白、玉葱、蚕の蛹、大蒜、塩、海藻粉末、香辛料、牛乳、陳皮(一部に卵、乳成分、大豆を含む)。なお、「ANTCICADA」店舗での販売は、毎週日曜11:00〜21:00のコオロギラーメン営業にて提供予定となっている。

■「ANTCICADA」
住所:東京都中央区日本橋馬喰町2-4-6

■「.comm」
住所:広島県広島市西区観音町16-33-102

※おでかけの際には十分な感染症対策をお願いいたします

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事