流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

LIFESTYLE

「きりのさか」の「玄米ちっぷす」が食べやすさを追求してリニューアル

このエントリーをはてなブックマークに追加


新しいおかきのスタイルを提案するブランド「きりのさか」より、国産100%の玄米でつくったチップス『玄米ちっぷす』が、8月26日(水)からリニューアル発売中だ。

国産玄米100%のサクサク食感チップス

同商品は、国産玄米100%の生地を米油で揚げた、食べやすいひとくちサイズの軽やかなチップス。生地に使用している玄米は、宮城県加美郡の契約農家が生産した「みやこがねもち」を100%使用している。

また、その他の素材にも国内外のこだわりの逸品を使用。化学調味料・着色料・香料を使わず、味付けはシンプルに仕上げているため、素材そのものの味や香りが味わえる。

高温の米油でサッと揚げる

同商品の一番の特徴であるサクサク食感のヒミツは、揚げ油。玄米由来の栄養成分を含んだ米ぬかから抽出した「米油」を100%使用し、高温でサッと揚げることで、玄米の香ばしさやもち米の甘さが際立っている。

食べやすさ・使いやすさを追求した形態に!


今回、「少しずつ味わいたい」「シェアしたい」という声に応えるため、缶形態の商品は小分けの袋タイプに。


また、器に移さずにそのままで食べられる形態のスタンドパックは、おうちで食べることを想定し、エコを心がけた。少なくなったら上部をどんどんカットしていくことで、簡単に指先でつまんで口に運ぶことができ、お皿がなくても大丈夫!パックは缶にぴったり収まるため、リフィルとしても利用可能だ。

気分華やぐパッケージ


“ボタニカルパターン”をほどこしたピンク色のパッケージは、そこにあるだけで気分がパッと華やぎそう。缶はアフターユースもでき、贈り物にもオススメ!

『玄米ちっぷす』は、缶が1,000円(税抜)、スタンドパックが500円。それぞれ<玉ねぎ><桜えび><スイートコーン><トマト&ビネガー><柚子しょうゆ><パルミジャーノ レジャーノ>のフレーバーがラインアップしている。

販売は、8月26日(水)~9月1日(火)の期間に伊勢丹新宿店地下1階にオープンするPOP UP SHOPのほか、「中央軒煎餅オンラインショップ きりのさか」にて。

この機会に、食べやすく・使いやすくなった『玄米ちっぷす』をチェックしてみて。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事