流行&トレンドニュースサイト 【 ストレートプレス 】

MONO

家でもキャンプでも本格コーヒーを!工具発想のドリップスタンド新発売

このエントリーをはてなブックマークに追加


創業明治28年、金物のまち兵庫県三木市の老舗工具メーカー「神沢鉄工」が、工具発想でアウトドアにぴったりな本格ドリップスタンド『バークランプドリッパースタンド』を、クラウドファンディングサイトMakuakeにて9月8日(火)より先行発売中だ。

大工道具の機能性を実生活に活かす

古くから大工道具の産地として栄えてきた兵庫県三木市で、120年以上の歴史を紡いできた「神沢鉄工」。大工道具で培った刃物技術を活かし、刃物ブランド『FEDECA』を展開してきたが、大工道具の機能性の高さを実生活の中に活かすことができるのではないかという想いから、今回第一弾として『バークランプドリッパースタンド』を開発した。


バークランプとは、木工作業で材料を締め付ける日本古来の大工道具「旗金(ハタガネ)」のこと。今回、旗金の固定具としての機能に着目し、ドリップスタンドに融合させることで、持ち運びやすくてキャンプにぴったりなドリップスタンドが誕生した。

持ち運び可能な本格ドリップスタンド


ブラスト仕上げによる真鍮のビンテージ感で、インテリアでも映える素材感にこだわった“本格ドリップスタンド”。


クランプ式の支柱とドリッパーが入るリング部のみから構成され、分解してコンパクトに持ち運ぶことが可能だ。

背の高いピッチャーやグラスにも対応可能

クランプ式なので、板厚32㎜までならどんなテーブルにも挟んで使用可能。複数台並べて設置しても作業スペースを広く確保できる。さらに、ドリッパーを装着するリング部は、上下・前後に可動することができるので、サーバーはもちろん背の高いピッチャーやマグカップ、グラスなどさまざまな大きさや高さに対応できる。


また、オプションのウォルナット製専用台座に装着すれば、持ち運ばないときは重厚なインテリアプロダクトに変身。収納しなくても、キッチンにそのまま置いて普段使いするのもおすすめだ。


「バークランプドリッパースタンド」本体は7,800円(税別)、


「台座セット」は12,000円(税別)。

このほか、Makuake特別価格(最大30%OFF)の商品や、あると便利なオプション品を含んだセットが各種あるので、チェックしてみよう。先行販売は11月20日(金)18:00までだが、数量限定品もあるので気になる人はお早めに。

最新情報をTwitterで受け取ろう!
最新情報をFacebookで受け取ろう!
前の記事
一覧へ戻る
次の記事